アガサクリスティの作品のなかで、トリックやオチがとても感心したものってありますか?

小説 | 海外ドラマ151閲覧

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさま回答ありがとうございます! スリーピングはなんだか切なく哀しくなってしまいました。

お礼日時:2019/7/7 19:16

その他の回答(2件)

0

犯人が最後までまったく分からず意外だった、と同時に、複線はたしかにあったので納得した、『死が最後にやってくる』です。 1人また1人と、殺されていくので、怖くもありました。 アガサ・クリスティの作品は、読んでいく途中で犯人のめぼしがついてしまうことが半々くらいでありました。 もう何十年か前、私、中学2年生くらい当時でしたが。