ここから本文です

最近の近鉄特急はスピードダウンしていますが、特急料金を取っているのに疑問に感...

まめさん

2019/7/623:12:14

最近の近鉄特急はスピードダウンしていますが、特急料金を取っているのに疑問に感じます。

賢島 10:00発
鵜方 10:04着05発
志摩磯部 10:10着11発
鳥羽 10:30着35発
五十鈴川 10:43着44発
宇治山田 10:46着47発
伊勢市 10:49着
松阪 11:02着03発
伊勢中川 11:09着11発
伊賀神戸 11:31着32発
名張 11:37着38発
榛原 11:49着50発
大和八木 12:01着02発
大和高田 12:05着06発
鶴橋 12:30着31発
大阪上本町 12:32着33発
大阪難波12:36着

まず、鳥羽駅で5分間停車しています。
宇治山田駅から伊勢中川駅までは急行とまったく変わりません。
大和高田駅から鶴橋駅までかつての快速急行は「21分」で走っていました。
これを過去の時刻表(2000年頃)と照らし合せると15分程度遅くなっています。

なぜ、このようなスピードダウンをするのでしょうか?

閲覧数:
73
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

biw********さん

2019/7/700:47:04

大阪〜伊勢、鳥羽、志摩では競合となる他社線がいないし、観光客はスピードを求めていないことから、速さに関して妥協するようになったのだと思います。
特に最近は、日帰りで帰りにくくすることで、近鉄グループのホテルへの誘導が行われていると感じます。
特にしまかぜの賢島滞在時間は3時間しか無いので日帰りでは、ゆっくり観光できません。

  • 質問者

    まめさん

    2019/7/700:58:15

    回答ありがとうございます。

    確かに阪伊甲特急もほぼ全滅しましたし、最高速度130キロのスジで引けばしまかぜ号は今よりも15分は短縮できそうですね。
    アーバンライナーも大阪線や名古屋線の一部区間で130キロ運転を行い、全区間の所要時間を1時間台にすべきだとも思います。

    逆に、特急がスピードダウンしているのに、急行はさらに見せかけのダイヤで特急誘導をするのも残念なところです。

    南海はあえて空港急行を先着させていることや、泉佐野駅でのスムーズな乗り換えなど本数を減らしながらでも有効本数はちゃんと確保していますし、好対照に見えます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/7/13 19:27:08

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

raz********さん

2019/7/918:54:51

近鉄特急は先行車が詰まってる事が多い気がします。競合相手もいないので余裕のあるダイヤにしたのかもしれません。
名阪甲特急は津に停車するようになってもスピードダウンしていないので甲特急と乙特急では求めるものが違うのでしょうね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kai********さん

2019/7/706:45:23

鳥羽は時間調整でしょう。
多少遅くても競争路線はありませんし。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる