ここから本文です

豪雨でも明るく生きるには、どうすればいいですか?

アバター

ID非公開さん

2019/7/701:52:30

豪雨でも明るく生きるには、どうすればいいですか?

閲覧数:
30
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mag********さん

2019/7/707:02:21

豪雨と友達になることです。

私は既に友達登録しております。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

twe********さん

2019/7/813:52:00

昼なら明るい(・o・)

ujm********さん

2019/7/707:15:30

傘をさして、コートを着れば?
家は、そのためにあるのでしょう?
屋根があり、壁がある。
豪雨でも、へっちゃら。

質問者の居住地は、川が氾濫するの?
革命です。
川の反乱を喜んでください。

土に吸い込まれなくなったのですよね、雨水が。
コンクリートやアスファルトのせいで。

どうせコンクリートで地表を覆い、街を作るのなら、
そもそも、地ベたに、直接に街を乗せずに、
地上数メートルに街を作れば、良いわけです。
そのほうが、堤防や排水路や下水を作るよりも、
安上がりと思いませんか。

東南アジアの伝統的な町は、そう。
地表に家を立てずに、地上数メートルの高床式ですので、
排水路も堤防も下水道も、作る必要がない。
ぜんぶ、垂れ流し。

日本も、これからの町は、そのように計画設計すべきです。
将来を見越して、地上10メートルくらいが良いのでは?
これなら、豪雨でも、楽しい我が家。

あなた、地上20メートルの高床式なら、
土砂崩れでも、大丈夫でしょう。
急傾斜の崖の多い山奥にも、住宅を開発できる。
土石流も大丈夫。
埋まらない。
溶岩が流れてきても、大丈夫。
熱いけど・・・

コンクリートの柱を、地下20メートルまで突き刺して、
コンクリートの柱を、地上20メートルまで立てる。
その上に床面を作り、一戸建て住宅の町を作る。
これで、どうですか。
豪雨でも、明るく楽しい。

日本が活性化します。
幸いにも、石灰は自給できます、日本。
セメントは、心配せんでも良い。
島国の山国だから、砂利も大丈夫。
鉄は、オーストラリアから。

杭打ち床面製造用のロボットを開発しましょう。
重機にコンピュータを付けて、自動運転すれば良い。
日本中の町を改造しますから、
日本列島改造なみに、需要があります。
好景気になります。

地球温暖化で海面が上昇しても、安心。
津波もへっちゃら。
堤防いらん、排水路いらん、下水もいらん、垂れ流し。
豪雨でも、明るく暮らせます。

傘をさして、コートを着れば?
家は、そのためにあるのでしょう?
屋根があり、壁がある。...

プロフィール画像

カテゴリマスター

ash********さん

2019/7/702:01:12

まずは安全を確保し、おうちの中で楽しめることをされてみてはいかがですか。

知恵袋もそうですが、インターネットサイト、動画サイト閲覧、音楽を聴く、友人・恋人と通話する、SNSをアップする、料理や掃除をする…などです。

hos********さん

2019/7/701:59:23

友達と遊ぶ。
それでもダメなら自分の好きなことをする。
それでもダメなら今、豪雨だということを忘れてみる。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる