ここから本文です

余剰資金が300万円ある場合、投資信託は一括で行うのと積立で行うのはどちらが良い...

アバター

ID非公開さん

2019/7/709:30:27

余剰資金が300万円ある場合、投資信託は一括で行うのと積立で行うのはどちらが良いのでしょうか?

それぞれのメリットとデメリットを教えてください。

閲覧数:
81
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bac********さん

2019/7/917:11:05

積立をするということは
残ったお金は寝かしていくということになりますので、有効に投資できていないわけですので無駄金になってしまいます。
チャンスの場合にまとめてでも数回に機会を分けて(下がるタイミングで追加購入)投資することがお得と考えます。
積立はチャンスを掴まないで(考えないで)、決められた周期で(毎月とか)一定額を積んでいく方式です。
この場合には下がった時にも買うことになるので口数が増えるのでお得な手法と言う考え方(ドルコスト法)がありますが、上がった時のも定期的に買うということで無駄もあります。
そもそも積立は、資金が無いので給与の一部から毎月積んでいくと言う考え方から来ていますので、資金がある人が資金を寝かしておくということはそもそも損でしかありません。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

chi********さん

2019/7/916:50:25

分割購入と積立を混同している人が多いですが、いますでに資金をもっていてそれを分けて購入するのが分割購入。いまはお金ないけど将来のキャッシュフロー(お給料とか)から資金をだして購入を続けるのが積立です。両者は同じように見えて意味合いが違います。

あなたの場合は分割購入かどうかってことになります。

分割購入は一見リスクを押さえているように思えますが、実は機会損失も発生します。分割して買う場合、投資対象が下がっていけば分割してよかったってことですが、そのまままっすぐ上がってしまうと最初に全部買っときゃよかったになります。これが機会損失です。つまりもともと投資するつもりの金をいつまでもグズグズ取ってても結局高く買わされることになりがちってことです。

ここ15年くらいでいえば、分割購入するより最初一発でかったほうが結局購入コストは安くなっています。

積立の場合そもそも手元にそれ以上のキャッシュはないので選択の余地はなく機会損失は発生しません。

時間分散自体が無効とはいいませんが限度があるってことです。分割するにしても半年3回程度で十分で、時間をかけすぎると機会損失が大きくなります☆

gom********さん

2019/7/712:01:53

余剰資金なのでどちらでも。

プロフィール画像

カテゴリマスター

dai********さん

編集あり2019/7/711:07:52

一括はハイリスクです。積み立てはローリスクです。つまり、うまく行った場合の儲けと失敗したときの損失の差が大きいのが一括。差が小さいのは積み立て。
一般的に、初心者に近い人ほど、ローリスク、少額積み立てをすべきです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる