ここから本文です

示相化石は、今も昔も生活環境があまり変化していない生物がなんなんですか?また...

yyb********さん

2019/7/813:40:17

示相化石は、今も昔も生活環境があまり変化していない生物がなんなんですか?また、生活環境とはなんですか?

閲覧数:
9
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nug********さん

2019/7/1311:19:31

化石となって地層から出てくるのですから,化石となった頃の昔から今までずーと,その種類が生きていて,狭い生活環境(例えば,海水と真水が混じる汽水域であるとか(シジミ),熱帯,亜熱帯の川の河口であるとか(ワニ))で生息する種類ですと,今のその種が生息している環境から類推して,化石となった昔も同様の環境であっただろうと考えることができます.そのような,化石を示相化石と呼びます.

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

mom********さん

2019/7/1311:29:24

「相」…環境を特定できるという意味ですから、限定された環境で生活する種に限られます。淡水で無いと生きられないとか、塩水に限るとか。
温暖な地域限定、寒冷な地域限定。
一方、どんな環境でも生活できる、広い地域に分布する生物種で「生きていた時期が短い生物種」は「示準化石」になりやすい。
(我々人類が「示準化石」にならないように気をつけなくちゃね。)

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる