ここから本文です

今日起きた地震(19年7月8日22時55分頃)

アバター

ID非公開さん

2019/7/823:22:01

今日起きた地震(19年7月8日22時55分頃)

は南海トラフの余震だと思いますか?

短い時間でしたが、縦に横に結構揺れた気がしました。

怖くて眠れません、、

自分が生きている間に必ず来るとなると、頑張って仕事することや楽しむこと、恋愛して子供を作ること、全てがバカバカしくなりました。

自分も三十路近く、結婚して子供を産んでと焦っていましたが、巨大地震がくるとわかって子供を作る気にも、恋愛する気にもなれません。

3個質問させて下さい。

①この地震は南海トラフの余震だと思いますか?

②南海トラフがくる地域にいるみなさん、子供のためにも、子供を作らない方がいいのでしょうか?

③この余震が南海トラフの余震ではなかったとして、必ず30年以内に南海トラフがくると思いますか?

閲覧数:
202
回答数:
6
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

yos********さん

2019/7/1000:41:48

① 南海トラフとは関係のない地震です。
8日の震源記録が公開されましたので、少し遡って5月1日以降の記録を調べてみました。
位置的には相模トラフ沿いにあるとされるタイプ不明のプレート境界から、神奈川県西部にある「国府津-松田」などへと続いている震源域で発生した地震です。

6月24日に千葉県南東部を震源とするM5.2の地震が発生しており、その影響は深い位置を中心に神奈川県付近まで伸びてきています。
その関係で下から持ち上げられるように動いた結果であって、南海トラフ域の方面とは何ら関係していないことが判りました。

その様子は震源地図と、AB間で切り取った時系列の震源の動きとして添付します。

② 南海トラフ地震は、そう簡単に起きる地震ではありません。
過去に発生した南海トラフ地震は、東海側と南海側がペアとなるように1回で起きるか、2回に分けて発生するかのタイプがありますが、684年の白鳳地震から現在までの1300年を超える期間で9組しか起きていません。
簡単に計算するだけでも100年を超える期間に1回程度しか起きないわけです。

※_発生年_再発_地震の名称___地震規模___発生エリア
○__684年_***_白鳳地震____Mw8~9_____南海_東海
○__887年_203_仁和地震____M 8~8.5____南海_東海

△_1096年_209_永長東海地震__M 8.0~8.5______東海
●_1099年__3_康和南海地震__M 6.4~8.5___南海___

△_1361年_262_正平東海地震__M 8_1/4~8.5_____東海
●_1361年__0_正平南海地震__M 8_1/4~8.5__南海___

○_1498年_137_明応地震____M 8.2~8.4___南海_東海
○_1605年_107_慶長地震____M 7.9~8.0___南海_東海
○_1707年_102_宝永地震____Mw8.7~9.3___南海_東海

△_1854年_147_安政東海地震__M 8.4_________東海
●_1854年__0_安政南海地震__M 8.4______南海___

△_1944年__90_昭和東南海地震_Mj7.9_______東南海_
●_1946年__2_昭和南海地震__Mj8.0______南海___

一番最後の昭和南海地震から見ると73年ほど経過していますが、平均的には140年、早くても84年ほどの経過が必要で、なかなか起きなければ322年ほど掛かることもあると試算される地震です。

3世代以上掛かっても起きるかどうか判らないような地震に惑わされる必要はないでしょう。

③ ②にも書きましたが、30年経過すると必ず発生するというような地震ではありません。
30年は公共事業などを中心として、その耐久年数も合わせて考える基準としているだけの事です。
地震の発生確率を公表するときには「今後30年間に起きる確率」として発表されます。
問題はその確率数値の方ですから、情報を読み取る時にはそちらに着目するようにしてください。

なお、政府の地震調査委員会が公表している地震確率のうち、南海トラフ地震だけは未検証の理論による計算がしてあります。
ほ蚊の地震での計算事例はなく、理論として正しいのかさえ検証されていません。
そのため大幅に誤った平均発生間隔や高い確率が示されていますので、その点にだけは注意してください。

● 相模トラフ近辺の震源地図(2019年5月以降)

① 南海トラフとは関係のない地震です。...

  • yos********さん

    2019/7/1000:46:23

    A-B間で発生した地震の震源を時系列に縦方向へと並べてあります。
    6月24日にやや深い地震が発生し、その後の現在までに神奈川県方面(A側)へと震源が流れている様子が判ります。
    ※ 震源の深さはマップと同じように色分けしてありますから、同系色を見ることで、同じ程度の深さと読み取れます。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

pse********さん

2019/7/907:35:24

南海トラフ地震はこの世の終わりではありません。信頼できる情報源を頼って、正しい情報を手に入れて、準備と対策をしていれば誰も亡くなりません。

気象庁が情報を分かりやすくまとめていますので、まずこれを読むと良いでしょう。
https://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/nteq/nteq.html

南海トラフ地震はあなたが生きている間のいつかに起きる地震です。いつ起こるのかは誰にも分かりません。分かると言っている人はあなたをだまそうとしている人です。

小地震が大地震の前ぶれだという話には根拠がないです。ウソだと思っていて良いでしょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

fra********さん

2019/7/823:37:09

南海トラフとは場所が違う。

50年後くらいからきたと言う未来人が言ってけど大きな地震はこなかったって。
震度6クラスが頻発するみたいだけど…。

東日本大震災でわかったのは地震より津波が怖いと言うこと。(あと原発も!)地震そのもので亡くなった方は少ないと思います。
日本の建物は大きな地震にも耐えます。古いものは別ですが…。
津波だけ気をつけて、どこに逃げるか普段から決めておけば助かる可能性が大きいのでは?
備えあれば憂いなし。きっちりと備えれば生き残れるのでは?

「明日、世界が滅亡しようとも今日私はリンゴの木を植える。」
暗い未来があろうとも、生きる努力をするべきでは?

wbh********さん

2019/7/823:28:17

自分の人生に対する不安と南海トラフは別問題です。あなたは天災に便乗して自分の問題から逃げたいだけです

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kit********さん

2019/7/823:26:48

①神奈川県と山梨県の県境付近の内陸なので南海トラフとは関連なさそうです。むしろ富士山の火山活動か相模トラフ、首都直下型地震に関連がありそうです。
②復興を進める未来の子として、子供は今よりも作った方が良い。
③100%とは言い切れませんが、南海トラフ地震はきます。

日本に住んでる以上は地震と付き合う運命です。

e8x********さん

編集あり2019/7/823:24:13

なんか個人的に今年中には来そうな予感。
本当に怖いですね…(泣)
静岡住みです

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる