ここから本文です

ゴルフ アイアン選びについて…

nek********さん

2019/7/900:29:03

ゴルフ アイアン選びについて…

現在、ゴルフを始めるにあたって10年くらい前に何もわからず中古で買ったホンマのpp117のアイアンをスチームシャフトで使っています。
打感も好きで、まだまだ使うつもりでいたのですが、周りがアイアンを新調するのを見ていると変えたら、変わるかな…と考えるようになりました。
そこで質問です。
マッスルバックのフォージドアイアンも、やはり年月と共にかなりの進化を遂げていますか?もし、大きな違いがあるならば買い替えも検討するのですが…

ちなみに、マッスルバックで始めたので、キャビティは、ヘッドが大きくてすごく違和感感じます。

マッスルバックアイアンの進化についてや、おすすめのアイアンがあれば教えてください!

閲覧数:
115
回答数:
6
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

joo********さん

2019/7/912:06:06

ホンマ・PP117.......PP727とPP737使いましたが名器だと思います。

CL606(フランジ有り)CL606(フラット)よりは少〜しシャープ
ですが、PP117もそこそこ底重心だと思いますが、MBアイアンは
ピンキリで、出来の悪いMBは最悪なので、替えるならPP117持参して
本人が打ち比べないと失敗すると思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

coo********さん

2019/7/1311:00:19

PP117が打てるのであれば、今現在市販されているマッスルバックは問題なく打てると思います。
昔のモデルと比べて易しくなったと実感しているのはソールです。バウンスがついて刺さり難くなり、多少手前に入っても抜けてくれます。リーディングエッジ側が面取りしてあるモデルでも同じ効果があります。
私も同じマッスルバックを10年以上使っています。顔の美しさと打感の良さで、変える理由がありません。変えるのはグリップぐらいです。
PP117が打てる質問者様の場合なら、アドレス時の顔の好き嫌いやバックフェースのデザインで選んでもシャフト硬度が合っていれば何の問題もないと思います。個人的にはミズノをお勧めします。ある程度のオーダーが可能です。

sen********さん

2019/7/910:30:13

昨日レンジで使ってる人を見ましたねぇ若い頃憧れたクラブでした。
ネックにシャフトを差し込み接着技術が進歩したのでネック部を短くできるようになり その削いだ体積をヘッドに(ソール)回して重心を下げることができ 重心が下がったぶんロフトを立てることができMBの7Iで36度前後だった物を33や34度にでき弾道の高さも維持でき飛距離を伸ばせた・・・が進歩です
これはMBに限らずCBでもです。
比重の重いタングステンウェートをソールに埋め込み低重心にしロフト立て飛距離を出すと言うCBが最近のクラブに多いですがヘッドスピードがないと低重心でも球を上げきれない現象がおきます ヘッドスピードを上げるためにシャフトを長くすれば難しくなりますしね。
これが原因でヘッドスピードが遅い女子プロはロングアイアンやミドルアイアンだと弾道を上げきれず止めれないので弾道の高さで止めれるUTに変更する選択になっています。
海外のプロはまだまだMBが主流ですよね松山もMBに変更してます。

いまのMBはソールがやや広くなってますから 外品のCBよりもやさしいものが多いですよ。
ミズノのH4?だったか やさしいですよ タイトのハーフキャビティは難しいです

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kni********さん

2019/7/907:37:34

MB自体には大きな変化はないかと思います。
優しクラブを作る為の変化はかなりありますが・・。

変わったとすれば、シャフトですね。
昔より振りやすく、安定するシャフトは出てますよ。

結局は感覚ですから、聞くより打ってみるのが一番です。
大手ショップに行って試打する方がはるかに良い情報が入りますよ。

プロフィール画像

カテゴリマスター

ify********さん

編集あり2019/7/906:53:44

PP117 バックフェイスに Hiro Honma と筆記体で刻印されていませんか?
本物の本間、まだ日本の会社だった頃の本間ゴルフの高級品です。

>大きな違いがあるならば買い替えも検討するのですが…

マッスルバックも昔に比べると低重心になり打ち易くなったという解説もありますが、基本的構造は同じです。

キャビティは構造面で大きな飛躍を遂げていますが、マッスルはマッスルです。使い手を選ぶクラブです。

新しいマッスルを試してみる価値はあると思いますが、本間のような物語は感じられないでしょうね。

10年前の製品なのに、手入れの良いものは未だ3万円程度の値段が付いているのが、何より世間の評価の高さを表しています。

qqt********さん

2019/7/906:04:02

変わってないよ。 変わる必要ないジャンルなので。

一部タングステンとか埋め混んで重量配分してるヤツもあるけどここ最近の話。

そのままどうぞ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる