ここから本文です

ブルックナーの交響曲を1曲のみ録音した指揮者にバーンスタインとアシュケナージと...

jim********さん

2019/7/1000:28:37

ブルックナーの交響曲を1曲のみ録音した指揮者にバーンスタインとアシュケナージとノイマンがいます。他にもいるかもしれませんが取り敢えず分かってる中での話です。

まずバーンスタインの9番は、2度も録音されてることからバースタイン自身に特別な思い入れがあったものと推察出来ます。一方アシュケナージのヘ短調や弦楽五重奏のオケ版はレーベル側の思惑に乗せられた形で録音されたもののようです。しかしながらブルックナーの交響曲をアマチュアレベルと酷評してただけあって、流石に他の交響曲の録音には至っていないと推察出来ます。最後に残ったノイマンの1番だけが、ちょっと理由がハッキリ分かりません。私はまだ所有してないのですが、非常にレビュー評も高くて他の交響曲も聴きたかったという感想もありました。そこで質問ですが、バーンスタインのようにブルックナーの交響曲の中でも1、2を争う大傑作9番、もしくは8番じゃなくとも定評ある4、5、7番ならまだ分かるのですが、何故ノイマンはマイナーな1番しか録音しなかったのでしょうか?

閲覧数:
67
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

cyc********さん

2019/7/1416:30:33

ノイマンの1番は名演として評判の高いものです。ブルックナーの初期の曲とは到底思えない迫力のある演奏で、ヨッフム&ベルリンフィルの1番と双璧を成す名演です。

ノイマンは1964年にライプツィヒ・ゲヴァントハウス(当時東ドイツの楽団)の音楽監督に就任し、翌1965年、45歳でこの1番を録音しています。この1番はそのころのノイマンの最も脂ののった演奏で、そのままであれば他のブルックナーの曲を録音する予定だったと思われます。

しかし1968年にチェコスロヴァキアの「プラハの春」にソビエト軍と東ドイツ軍が介入してきたため、ノイマンはそれに対し抗議の上4年でライプツィヒGHを辞任し、祖国チェコに戻ってチェコ・フィルの首席指揮者に就任してしまいます。

このように国際政治のうねりの中で、ノイマンのライプツィヒでのブルックナーの録音は1番のみで途切れてしまうことになったと思われます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/7/16 09:45:20

返信部分も含め充分納得させて頂きました。
皆さんどうも有難うございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

may********さん

編集あり2019/7/1006:05:11

私見ですが、マーラーが得意な指揮者はブルックナーをあまり積極的に取り上げてない感じがします。

あるいはマーラーほど思い入れがないようだったり。

その逆もあって、ブルックナー得意な指揮者はあまりマーラーを積極的に取り上げてないかと思います。

理由はわかりません。

バーンスタインもノイマンもマーラーが得意な指揮者ですね。

ノイマンは全集録音でも作るつもりで始めたとかあるのかも。

でも途中で止めたみたいな。

レコード会社の意向もあるかと思います。

ベームなんか、ドイツ・グラモフォンから売れるものを録音して欲しいからとおよそ似つかわしくないチャイコフスキー録音してます。

mis********さん

2019/7/1000:44:08

>ブルックナーの交響曲の中でも1、2を争う大傑作9番、もしくは8番じゃなくとも定評ある4、5、7番ならまだ分かるのですが
ーー>
3番もすごいですよ!

ブルックナーが理解できなかったからでしょう・・・

>ブルックナーの交響曲の中でも1、2を争う大傑作9番、もしくは8番じゃなくとも定評ある4、5、7番ならまだ分かるの...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる