ここから本文です

油性インクの質問ですが、以前客先に提出するため印刷して電車に飛び乗り電車の中...

sam********さん

2019/7/1023:19:08

油性インクの質問ですが、以前客先に提出するため印刷して電車に飛び乗り電車の中で読んでいたらなんと汗が提出用紙に落ちて、字や写真画像が滲んでしまい大ショックでした。

それ以来、レーザープリンタに切り替えて使っていますが、インクトナーが高い以外は不満なく使っていましたが約5000枚で壊れてしまいました。
インクジェットは雨や汗で滲んでしまいますが、水性インクと油性インクの両方を使えるようになっている機種があれば教えてください。また油性で純正以外でもインクがあれば教えてください。

閲覧数:
31
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

hin********さん

2019/7/1102:54:58

水性と油性では無く、水性染料インク(以下染料インク)と水性顔料(以下顔料インク)があります。
顔料インクの特徴は、普通紙(コピー用紙)に印刷しても、用紙上でインクが広がりにくいため、くっきりとした印刷が可能で小さな文字や中抜き文字などもつぶれにくい事、耐水性が高く水に濡れたりマーカーを引いてもにじみにくいという事です。
家電量販店などでは、印刷したものを水を入れたペットボトルに入れて半年たってもにじんでいないという様なサンプルが置かれていたこともあります。
ただ、写真用紙などに印刷すると発色が悪く、写真用紙のの光沢感が薄れてしまいます。
また、光沢紙やアイロンプリント紙など一部、顔料インクに非対応の用紙があります。

染料インクの特徴はその逆で、写真用紙に印刷した際に色が綺麗に出て、写真用紙本来の光沢感が出て、写真らしい印刷が可能です。
その反面、普通紙に印刷した際に用紙上でインクが広がってしまうのでくっきりした印刷が行えず、水に濡れるとにじみやすいという欠点があります。

インクジェットプリンターで、染料インクと顔料インクを入れ替えて使えるような機種はありません。
パターンとしては、
1、全色が顔料インクの機種
2、全色が染料インクの機種
3、顔料の黒と、染料のカラーインクの機種
4、顔料の黒と、染料の黒とカラーインクの機種
に分かれます。
1は言うまでも無く文書印刷特化で、2は写真印刷を重視したプリンターです。
3と4は黒だけ顔料インクを入れることで、文書の黒文字は綺麗に印刷する一方で、カラーは染料インクを使うことで写真印刷にも対応しています。
本来は4の様に、染料インクだけで黒とカラーを入れると写真印刷も綺麗なのですが、低価格な機種などでは染料の黒を省いた3の構成の機種もあります(当然写真印刷で黒インクが使えないので画質は落ちます)。

さて、今回のパターンですと、1の全色顔料の機種が良いかと思います。
一見すると4の機種が良いよいですが、顔料インクは黒だけなので、黒以外の色は水に弱いままです。
モノクロ印刷だからという場合でも、完全な黒でないグレー色の部分は染料のカラーインクを使って表現しますし、背景色がある場合は黒文字も染料黒を使うので、やはり全色顔料がベストです。

全色顔料は、ビジネス向けプリンターと呼ばれる機種のほとんどがそうなります。
ビジネス向けプリンターなら、印刷コストもレーザープリンターより安く、印刷速度も速めで、本体の耐久性も高くなっているので、おすすめです。
実際、エプソンやブラザーでは、ビジネス向けプリンターをレーザーからインクジェットに切り替える事を薦めています。

複合機かプリンターか、A4対応かA3対応かで機種が変わってきますが、とりあえずA4の複合機でいくつか紹介します。
いずれも、ビジネス向けインクジェットに特に積極的なエプソンの機種になります。
A3対応が良い、プリント機能だけで良いという場合は、言って下されば、別途書かせて頂きます。
なお、互換インクについても、それぞれ発売されていますが、

まずPX-M780F(22,000円前後)です。
https://www.epson.jp/products/bizprinter/pxm780f/
プリント、スキャン、コピー、FAXが付いた複合機です。
全色顔料なのはもちろん、PrecisionCoreプリントヘッドによって、普通紙印刷画質がさらに高くなっています。
印刷速度はA4カラー文書、A4モノクロ文書共に20枚/分と高速で、印刷コストはA4カラー文書1枚7.3円、A4モノクロ文書1枚2.2円です。
レーザープリンターの場合、5万円以下クラスだと速度は18枚/分~30枚/分。印刷コストはA4モノクロで3円~4円くらいなので、印刷コストは安くなります。
前面に250枚までセットできる給紙カセットがあり、自動両面印刷にも対応、USB、有線LAN、無線LAN接続対応です。
本体の耐久枚数も10万枚(家庭用インクジェットは1万~1万5000枚)で、耐久性も高いです。
そのほか、スキャナは、ADFを搭載し35枚までの原稿を連続で読み取る事が可能で、拡大縮小コピーなどにも対応、FAX機能も搭載しています。
2.7型タッチパネル液晶で操作性も良いです。

また、給紙枚数が多い人には、250枚の前面給紙カセットが2段になっているPX-M781F(26,000円前後)もあります。
https://www.epson.jp/products/bizprinter/pxm781f/
2段それぞれにA4用紙を入れて500枚連続給紙でも良いですし、A4とB5の様に2種類の用紙を250枚ずつセットも可能です。
基本機能はPX-M780Fと変わりませんが、印刷速度がカラー22枚/分、モノクロが24枚/分と高速化、液晶も4.3型に大型化しています。

より高性能なら、PX-M885F(39,000円前後)もあります。
https://www.epson.jp/products/bizprinter/pxm885f_pxs885/
印刷速度はカラー、モノクロとも24枚/分と大きく変わりませんが、インクカートリッジでは無くインクパック方式なので、印刷コストがカラー6.1円、モノクロ.18円とさらに安くなります。
耐久枚数も15万ページとさらに高耐久、「紙分離ローラー」で紙が2枚一緒に給紙されるのを防いだり、ノズル自己診断システムでドット抜けを自動検知するなど、より高性能になっています。
給紙は前面給紙カセットから250枚と、背面給紙で80枚、オプションで550枚の増設カセットを到着できます。
もちろん全色顔料+PrecisionCoreプリントヘッドで、両面印刷や、有線・無線LAN接続対応、ADFやFAX機能搭載という点は同じです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

e90********さん

2019/7/1106:38:17

汗や水でにじむインクは染料インクです。
全く問題ない物は確かに油性インクもありますが数万円で買えるプリンターはありません。カラーレーザーを選択したのは正解でしょう。
買いやすい価格のインクジェットでは顔料インクの製品がありEPSONのPX系では水没してもインクはにじむ/流れるは起きません。

少量製造製品の製品ラベル用に10年以上このEPSONのPX系を使用しています。

安い物は5000円程度のPX-049Aがありますが耐久性に難があるでしょう。
難万枚ならビジネスインクジェットで大容量インクの製品が良いと思います。

https://s.kakaku.com/item/K0001151301/images/

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる