ここから本文です

高校で陸上の長距離をやっている男子です。

アバター

ID非公開さん

2019/7/1115:25:33

高校で陸上の長距離をやっている男子です。

両脚、先天性の臼蓋形成不全です。

先日整形外科で診察を受けたのですが、
レントゲンを撮る→お医者さんからレントゲン写真を見ながら話をもらう(骨の間が狭くなっている、5年後には走れなくなるから訓練しましょうと。)→理学療法士によるマッサージ?リハビリ?
でした。

その2週間後、理学療法士による状態確認をしてもらい、週1でリハビリをすることが決まりました。

ここで質問なのですがこの診察内容で十分なのでしょうか。今行っている整形外科はMRIや手術の設備はなく、医師も股関節の専門医ではありません。もう少し詳しく股関節を診てもらえる整形外科に行ったほうがいいのでしょうか。

現在、1週間部活を休んでいますが、1週間後痛みが消えるかはわかりません。

補足今行っている整形外科では週1でレーザーと電気を行なっています。

閲覧数:
30
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ran********さん

2019/7/1314:09:31

臼蓋形成不全によるものであれば経年で変形性股関節症へ進行することでしょう。
恐縮ですが「週1でレーザーと電気」の治療では殆ど意味がないと言って良いでしょう。単に股関節周辺の筋肉を刺激しての凝りほぐし・血流を良くする程度です。
臼蓋という体の部分品に不良があるのです。それは修理か交換しかありませんから。
・(骨の間が狭くなっている、5年後には走れなくなるから訓練・・・
これは軟骨が薄くなっているという意味でしょうね。

以下は私の経験も含めて、股関節疾患の一般的内容です。ご参考に。

股関節は大腿骨・軟骨・臼蓋(きゅうがい:骨盤側のお椀型受け部分)からなり、それを腱・筋肉などで支え・動かしています。

日本人(特に女性)は生まつき臼蓋が浅い方が多く、浅いことで大腿骨頭が抜けやすい方向にズレて行きます。その時軟骨の減りや、大腿骨頭と臼蓋が当たるようになり痛みやだるさになります。

これは個人差がありますが、体格が小さな子供のうちは体重と股関節周辺の筋力バランスが維持できていたので痛まなかったものが、
思春期以降に体格が大きくなり、筋力維持のバランスが崩れると痛みが出てきます。

体重が1kg増えると、片方の股関節に掛かる負担はその3倍、歩いて5倍、走って10倍(諸説あり)です。 体重増・筋力低下・・・如何でしょうか?

また臼蓋の縁には5~7mmほどの股関節唇と呼ばれる軟骨があり、
大腿骨頭がズレたり抜けないように、よりしっかりと包み込むためのゴムパッキンの様なものがありますが、これが損傷すると痛みますし、更にズレが大きくなり痛みが進む原因にもなります。
股関節唇の「唇」は、口の周りのくちびるの様な形状なので。。。

日本整形外科学会:股関節の症状
https://www.joa.or.jp/public/sick/body/articulatio_coxae.html

聖路加国際病院:股関節唇損傷
http://hospital.luke.ac.jp/guide/32_orthopedics/acetabular-labral-t...

股関節疾患は一度発症してしまうと一生もので、自然治癒はありません。現在の状況を正確にしっかっりと把握しておくことが以後のためにも重要ですね。

病院は股関節専門医がいてMRI装置のある整形外科をお選びください。
整形外科医も部位によって得手・不得手があり、股関節疾患の判断は難しいですから。
病院では、問診、股関節の可動域測定、そしてレントゲンやMRI装置での画像診断による判定となりますが、余程のことがない限りは「直ぐ手術」にはなりません。
手術を決めるのは、本人が痛みに耐えられなくなった時ですから。

そしてご自分で出来ることは、体重管理と股関節周辺筋力および体幹を維持するための腹筋・背筋運動です。
一つ注意すべきは、股関節周辺筋力運動をするに当って、今現在痛みがあれば、股関節をあまり動かさないで筋力を鍛える方法でおやりになることですね。

例えば、大腿筋は椅子に座って片脚づつ膝から下を床と平行に上げて5秒間維持する。上げている時、大腿筋に力を入れるとより効果的。大腿筋が弱ると直ぐに股関節に影響が出てきますね。
あるいは床に脚を伸ばして座り、膝裏を床方向に押すような感じで脚全体に力を入れて維持するのも宜しいでしょう。
この時、膝下にタオルを差し入れてやる方法がよく紹介されていますが、既に股関節が痛む方はタオルがテコの原理の支点となって股関節に負担を掛けますので要注意です。

中臀筋は横に寝て上側の脚を床と平行程度に上げて、少しだけお尻側に引いて5秒間維持する。脚を高く上げることが目的ではありません。
背筋と臀筋は、うつ伏せに寝て、両手は顎の下に置き、片脚を床から10~15cm程度上げて5秒間維持する などです。
どれも維持しているときは息を吐きながらリラックスして行ってください。

これらを負担のない範囲の回数で毎日おやりになってみてください。
初日から急にたくさんやると翌日に影響しますから、ごくごく少ない回数から徐々に。
早ければ4日~1週間程度で痛みが「今までと少し違う」と感じられると思います。
続けている内に一端軽減した痛みが出てきた場合には、筋肉疲労ですので2・3日運動はお休みします。
股関節疾患者にとって、体重管理と筋力維持・増強はどの段階でも一生ものです。

現在の痛み軽減にもバンテリンやフェイタスなどの鎮痛消炎剤の塗布や、
(経験上から、効果も強いですが胃にもきますので要注意:適量を)
ご自分でのマッサージも血流を良くしますので効果ありです。

ちなみに私は先天性股関節脱臼の骨切り術経験者です。
どうかおだいじに。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/7/1518:47:27

    ご回答ありがとうございます。
    軟骨が薄くなっているというのはレントゲンからわかるのでしょうか。
    それともお医者さんの憶測でしょうか。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

q_q********さん

2019/7/1406:52:48

現状の診療内容としては問題ないと思われます。

先股脱からの救外形成不全なんて特殊な疾患でもありませんので、すぐに股関節専門医にかかる必要はないでしょう。

整形外科医は専門と名乗る前に一通り経験してますし。

今すぐMRIも必要ありません。

無駄に高い金払いたいなら別ですけど。

現時点で必要なのは生活指導と股関節可動域の維持。

・股関節の圧壊が進まないように太りすぎない、激しい運動はしない。
・今後に備えて股関節の可動域を確保しておく。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

wws********さん

2019/7/1122:37:12

整形外科は痛み止めと手術だけ
もう少し詳しく股関節を診てもらえる整形外科に行っても説明は詳しくなるけど、治療はすることが無い

理学療法士は大量生産粗製乱造の時代、質の保証なんて全くない

プロフィール画像

カテゴリマスター

gan********さん

2019/7/1115:32:41

MRIなどもう少し詳しく股関節を診てもらえる整形外科に
行ったほうがいいのでしょう。
その方が納得できるし安心ですよね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる