ここから本文です

ベースを立って演奏する際ハイポジションの4弦に指が届く気がしません。 ネットの...

nap********さん

2019/7/1200:14:09

ベースを立って演奏する際ハイポジションの4弦に指が届く気がしません。 ネットの情報を見るとストラップの長さを短くしろとよく書いてありますが実際ストラップを長めにとって弾いている方は沢山いますしそれは解

決策ではなく妥協に感じるのでストラップを短くするという選択肢以外で解決法はないでしょうか、また立って弾く際と座って弾く際の運指は同じなのでしょうか

閲覧数:
57
回答数:
10

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

far********さん

2019/7/1205:28:23

クラシカルスタイルといい、手首を90度にしてみてください

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

uxv********さん

2019/7/1210:10:13

大丈夫ですよ。
届かないなら、そのポジションは使わなければOKです!

kkk********さん

2019/7/1207:37:37

低く構えるヒトはハイポジションを使ったプレイはバッサリ切り捨ててるヒトが多いです。

物理的にムリなモノはムリですからね
( ̄+ー ̄)

裏ワザ的なやり方としては、親指まで指板側に出すと低く構えてもなんとか届きます。

慣れが必要なワザですけどね。

moo********さん

2019/7/1206:47:48

モニタに足を掛けてボディを乗っければ。
いやいや、右手を4弦側の真上から伸ばせば?

ken********さん

2019/7/1206:31:54

4弦に届く気がしないのであれば
届く気のするスタイルに変更すれば良いことです。

hon********さん

2019/7/1205:27:15

質問者さんがどういったジャンル、どのようなフォームで弾いているか判りませんが、
立って弾くときと座って引くときとベースの位置が違うのでしたら、
座って引くのは練習にならないのでは?と思います。
ストラップを短くするのが「妥協」でしたら、
座って引くのは「楽をしている」とはならないでしょうか。
ストラップを長くしたまま引くのでしたら、常に立った状態で練習して
ハイポジションの4弦に指が届く方法を考えながら練習するべきかと思います。

強いて言うならば、親指を上からネックにかける方法で
運指を行えばいいと思います。

ただ、テクニカル系でハイポジションまで使っている
BOHさんやIKUOさんは腰上の高さまでベースを持ってきています。
https://www.youtube.com/watch?v=K_MiDXTr0fk

LUNA SEA Jさんは腰下までストラップが長いですが、
ソロを見る限りは、ハイポジションはほとんど使っていないように見えます。
ローポジションから12Fより低い音をピックで弾くスタイルのようです。
https://www.youtube.com/watch?v=Qss_-5kx5rM

自分の演奏スタイルに合わせて道具を使いやすいようにするのは、
「妥協」ではなく「工夫」だと思いますが。

「妥協したくない」と言って、意地を張って手首や指など傷めないよう
気を付けてください。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる