ここから本文です

宇宙戦艦ヤマト2202のアンドロメダ空母型について質問します ・艦載機の収容は...

gw1********さん

2019/7/1215:21:32

宇宙戦艦ヤマト2202のアンドロメダ空母型について質問します

・艦載機の収容はどこから行うんでしょうか?
・格納庫内部での整備、兵装転換などはどのように行うんですか?

公式から情報

が出てないので想像で構いません

閲覧数:
116
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

iti********さん

2019/7/1222:47:17

着艦は艦橋後部飛行甲板の後部にある着艦口から行います。これは初めて銀河が登場した時にアンタレスの後部から眺めた姿から確認できますし、設定資料集からでも確認できます。

整備・兵装転換については、多分、各機に割り当てられているリニアカタパルトのセル内で行えるんじゃないかなとは思います。が、それも初回出撃まででしょう。
ここからは素人である私の考えなのですが。ただでさえ、ド素人でもムリだろと考えるような無茶苦茶すぎる艦載機格納法と、不釣合いすぎる搭載機数をしているアンドロ空母です。艦内空間の殆どをセルに取られてしまっていて、180機分対応できるような整備区画や弾薬庫など作るスペースなんて無いでしょう。
ぶっちゃけ、アンドロ空母の構造なんて、一回機体を射出して帰還させたら、パイロットだけ回収して機体は使い捨てる方式だと言われたほうが納得いきますよ。幾ら艦橋後部に広い甲板があるとは言え、内部空間が全て使えるわけでもなし。たったあれだけのスペースに180機も帰還させて各機割り当てのセル内に戻すのなんてどれだけ時間かかるやら・・・。おまけに戦艦としての機能も捨ててないし。とても機体を再出撃させるには無理があると思います。あれだけの機体数を機能的に運用するには、本当の意味での航空母艦でも不可能でしょう。現実のミッドウェー級空母がそうであったように。2202年の技術で可能であるとしても途方も無い手間がかかり、空母としては失格でしょうね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hat********さん

2019/7/1802:21:41

艦載機の着艦は上部飛行甲板および飛行甲板後部着艦口、艦体後方下部のハッチ(ヤマトと同じ位置)にて行われるものと思われます


あくまで私の予想に過ぎませんが
戦闘中など短時間での補給・整備の場合は
①飛行甲板もしくは着艦口に着艦
②飛行甲板上もしくは着艦口奥にて応急的に対応
③飛行甲板もしくは艦橋両サイドの発艦口から発艦して戦闘継続
となるのではないでしょうか


戦闘終了後など被弾の恐れがない状況では全機収容の必要があるので
a)飛行甲板および着艦口にて収容、整備
b)下部ハッチから着艦、艦体内部の格納庫収容、整備
の2パターンになるでしょう


また戦闘型の4倍の乗員数(800名)は、艦体運用要員やパイロットを差し引いてもかなりの数が余るので、その全てが艦載機整備要員ではないでしょうか
ここから考えるに整備・兵装転換は結局人力になっているのでは

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる