ここから本文です

警察の取り調べで自分はやってないのに「自分がやりました。」と犯行を認めてしま...

voc********さん

2019/7/1223:54:05

警察の取り調べで自分はやってないのに「自分がやりました。」と犯行を認めてしまった場合(誰かを庇おうとしていたわけではない、諦めてた)後で冤罪だったと発覚してもやってないのに「自分が

やった」って言ったので虚偽申告罪に問われて結局また罪に問われますよね。

閲覧数:
33
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

blu********さん

2019/7/1301:02:25

それはありません。

刑法172条が虚偽申告罪について定めていますが、ここにいう「人」とは自分以外の他人をいうからです。

172条 人に刑事または懲戒の処分を受けさせる目的で、虚偽の告訴、告発その他の申告をした者は、三月以上十年以下の懲役に処する。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kyo********さん

2019/7/1301:57:01

虚偽告訴罪ですね。
虚偽の自白をした場合に問題になるのは取り調べが強引ではなかったのかが問題になるかもしれません。
長時間に渡る取り調べの後の自白は証拠とならなかったりします。

刑事訴訟法319条は
1項 強制、拷問又は脅迫による自白、不当に長く抑留又は拘禁された後の自白その他任意にされたものでない疑のある自白は、これを証拠とすることができない。
2項:被告人は、公判廷における自白であると否とを問わず、その自白が自己に不利益な唯一の証拠である場合には、有罪とされない。
3項:前2項の自白には、起訴された犯罪について有罪であることを自認する場合を含む。

3項で有罪と自白した場合も含むとされてますし。
3項の場合は本当に犯罪を犯していた場合に自白した時の話ですけど。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる