新しいZX25RはNSR250Rより速いですか。 新しいZX25Rは4気筒250㏄だそうですが。 最新の2気筒250㏄は遅い遅い遅いNSR250Rより遅い遅い遅いとドヤ顔で語る人がいますが。

新しいZX25RはNSR250Rより速いですか。 新しいZX25Rは4気筒250㏄だそうですが。 最新の2気筒250㏄は遅い遅い遅いNSR250Rより遅い遅い遅いとドヤ顔で語る人がいますが。 新しいZX25Rは4気筒だからNSR250Rより速いですか。 と質問したら。 250㏄の4気筒なんかドン臭いだけ。 という回答がありそうですが。 ですが最新の技術で作られて4気筒250㏄なのでしょう。 令和の最新の4気筒250㏄が昭和の大昔のNSR250Rより遅かったらまずいのでは。 それはそれとして。 2気筒250㏄でも39馬力に到達して来ていますが。 だったら最新の4気筒250㏄なら50馬力は行けるのでは。 ZX25Rが50馬力なら40馬力のNSR250Rなんか軽く抜けるのでは。

画像

中古車 | 新車13,722閲覧

3人が共感しています

ベストアンサー

50

素晴らしい質問だと思います。こういう疑問が増えるのはいいことだと思っています。 結論だけ先に書くとNSRの圧勝です。 理由はクラスが違うから。 エンジン構造が違うので同じ250ccでもクラスは別だと考えてください。公道の自動車の区分は同じ税金、同じ軽二輪ですが過去のレースでは違いました。 つまりNSR250は4サイクルエンジン400ccと同じクラスなのです。 4サイクルエンジン250ccはそのクラスの下のクラスです。 そこでNSR250は走れません。 そもそも「速さ」に関していろいろあると思います。「加速が速い」、「最高速が速い」、サーキットでのスプリントタイムが速い、耐久レースで速いなど。ここで耐久レースで速いというのは、タイヤ交換や燃料補給などのチームの運営体制などが入ってくるのでこれは置いておきましょうか。 まず、「加速」と「最高速」についてですが 「加速」はトルクウェイトレシオ 「最高速」は馬力 にそれぞれ依存します。 「加速の勝負」 トルクウェイトレシオは 車重÷トルク で出ます。この数字が大きいと加速の速いバイクになります。同じバイクでもライダーが軽かったりバイクが軽いと速くなります。 ZX-25Rはまだ発売されていないので詳しい重さがわかりませんがかなりおまけしてNSR250と「仮に」同じ重さとします。 次にトルクですがこれはNSR250の圧勝です。 (どの年式のNSR250でも) これは2サイクルエンジンと4サイクルエンジンのエンジンの構造の違いです。 同じ排気量でも2サイクルエンジンのほうがトルクはかなりあります。 おそらくZX-25Rは鉄のフレームで販売されるのでアルミフレームのNSRに比べて車重は重く販売されるでしょうし、もしZX-25Rがアルミフレームで販売されたとしてもトルクウェイトレシオでNSRを上回るほどの軽さで発売されることはないでしょう。 したがって NSRのほうが速い 「最高速の勝負」 ●前提条件1 どちらもスピードリミッターのみ外している(空力、タイヤの転がり抵抗、駆動の抵抗は無視しても良い誤差だと考えます) これは社会的な時代の背景が関係してきます。 カワサキがZX-25Rが何馬力で発売するのか? で変わってきます。 もし本当にZX-25Rが一部の噂通り50馬力で発売してくれば完全フルノーマルのNSRは最高速では ZX-25Rのほうが速い となります。 ●前提条件2 どちらも スピードリミッターの解除 排気系の変更(空力、タイヤの転がり抵抗、駆動の抵抗は無視しても良い誤差だと考えます) ZX-25Rはフルエキのマフラー交換、NSR250はチャンバー交換という前提になると NSRのほうが速い となります。NSRはノーマルチャンバーで無理やり40馬力や45馬力に馬力を落としておりエンジンの本当の性能は出ておりません。 正しくエンジンのパワーをだすにはチャンバーの交換が必要となりますので交換するとパワーもトルクも大幅にあがります。 本来のエンジンの性能で勝負するとNSRの圧勝です。 ただし、ZX-25Rは今発売している4サイクルの2気筒250ccのバイク、ニンジャ250 、CBR250RR(MC51)、GSX-R250よりははるかに最高速は速くなることでしょう。 同じ排気量の2サイクルエンジン、4サイクルエンジンがクラスが異なるように、同じ排気量の4サイクルエンジンの2気筒と4気筒もまたクラスが違います(スーパーバイクのレギュレーションなどは2気筒のほうが大きい排気量が許されています)。 上記の根拠を理由に現行の250cc2気筒と比べたら、ZX-25Rが一番速いと推測されます。 ここまで速さについて書きましたがZX-25Rの素晴らしさは、超高回転型の4サイクル4気筒エンジンの排気音だと思います。 そして排気量が小さいマルチエンジンのメリットは 「公道で合法の範囲内でエンジンをぶんまわせる楽しみ」 だと思います。 ぜひ、4-1(集合部分に隔壁のない本当の4-1)のフルエキゾーストを入れて走ってみてください。 強烈に素晴らしいサウンドにとんでもなく感動しますよ。楽器です。

50人がナイス!しています

その他の回答(4件)

9

>40馬力のNSR250Rなんか軽く抜けるのでは。 MC21までが45馬力、MC28はオートバイメーカー4社の自主規制により40馬力にしていましたが、MC28のことを言っているのでしょうか? MC28でも 馬力規制前の 45馬力のMC22(CBR250RR)では敵いませんよ。 表示馬力だけでなく、全域のトルクが高かった。 モリモリと馬力を出すのが NSR250Rで 1万回転以上回さないとパワーが発揮出来なかったのがCBR250RR。 1万回転以上の状態でのパワー感を NSR250Rと比較しても 圧倒的にNSR250Rが上でした。 本気の馬力を出している2サイクルのハイパワーに同一排気量で4サイクルが勝てる訳がありません。 MotoGPだって 2サイクル4気筒のGP500から 4サイクルの4〜5気筒の990ccになったのだから 倍の排気量がないと勝てない。

9人がナイス!しています

ホンダは2ストに倍の排気量にできないからバルブを倍にした8バルブ楕円形ピストンのNRを出したのでは。 当然2ストにはボロ負けでしたが。 ですが今の技術なら4ストでも4気筒なら昔の2ストには勝てるのでは。

8

2stと4st比べる時点でおかしいだろ。 最新のNAエンジンだって20年前のターボエンジンには負けるよ。同じ気筒数、同じ排気量ならね。 昔の250マルチなんか実用速度で125シングルより遅いんだから、最新の技術たっても同じだよ。 ネタにしたってもうちょっとまともに書けよ。

8人がナイス!しています