ここから本文です

中高年の女性の方々なのですが、「お着物は、たくさん持っているけれど、もう着な...

joo********さん

2019/7/1711:13:02

中高年の女性の方々なのですが、「お着物は、たくさん持っているけれど、もう着ないわ!」と言われることが多いのですが。
なぜ、着る気になれないのでしょうか?

もと、皆さんお着物を着られればいいと思うのですが、なかなか、難しいのでしょうか?

閲覧数:
250
回答数:
9
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

luc********さん

2019/7/1912:09:12

着ない理由はこんな感じかな。

1,着物は目立つ
人と違う行動をして何か言われたくない、という人は着物は無理だと思います。

着物姿の人にはとりあえずお店の人なんかも「今日は何かあるんですか?」って聞きます。何もないのに着る、というのは目立ちたくないと思っている人にはハードルが高いです。人と違う事してたら叩かれるし叩いていいでしょみたいな思考の人には、着物で出かけるなんてもう気が遠くなるほどハードルが高いでしょう。

2,クリーニング代
シミ一つ付けたくない正絹の着物は、着用後すぐにクリーニングに出すものです。正絹なら長襦袢と長着とで5000円以上のクリーニング代がかかります。

なお、古着で買ってる人はいちいちクリーニングに出しません。また、木綿や化繊などの家で手洗いできる着物だってたくさんありますが「着物はたくさん持っている」とおっしゃる場合はたいてい正絹の高価な着物で、安物を着るつもりなどはありません。

3,動きにくい
ルールに縛られた「美しい着姿」をしてしまうと、どうしても動きにくくなりますので日常生活には向きません。

さらに言えば「着物を着たい=美しい着姿をしたい」のであって、日常着としてのラフな着物姿を嫌う風潮は強く、そんなにしてまで着物を着たくない!着物はそんな風に着るものじゃない!と思っている方が多いです。
「着物警察」という言葉があるように、ルールから外れた着姿に対して見知らぬ人なのにいきなり苦言を言ってくる人もいるし、見苦しいみっともないとツイートする有名人もいます。

質問した人からのコメント

2019/7/21 21:17:30

その通りだと納得しました。 ありがとうございましたしました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

syl********さん

2019/7/2101:09:36

やっぱり、面倒なんじゃないですか?
チュニックにスパッツと比べると着物よりか軽いし、動きやすいし。
車の乗り降りも出先のトイレも楽だし、脱いだ後も着物に比べると、雑に扱える(笑)

周囲でも、着物解いて、和柄ワンピないしチュニックにする先輩方の話を聞きます。

shi********さん

2019/7/1719:40:28

「持ってるんだから着ればいいのに」と思って当然です。でも現実は、
中高年になる以前にDNAレベルで着物が好き感覚が刷り込まれてないと、若くても興味ない人は着ません。

少しでも興味があれば、結婚式や人生行事に何かと心を砕きます。(そして知恵袋する方は、この訪問着にこの袋帯で良いでしょうか、と可愛らしい困った質問をされます)
また、若い方なら母親や祖母がせっかく誂えてくれた振袖も、成人式だけでなく、他の機会にも着られます。
結婚して子育てするうちに、着物と離れてしまった方が、時がたって余裕を見いだした時、
着物DNAの備わってる人はある日発病するかのように着付け習ったり着物を取り出したりしますよ。

そしてヤフオクなり、メルカリなり、出品する側は着ない派、入札する側は着る派、とはっきりその行動が分かれます。今までもこれからも着ないかたが、断捨離することで、着物好き(少数ですが、思いは熱い)にとって頃合いの中古市場が形成されます。
着物好きな方がリサイクルで十分の1などで好みのものに出会えて、お財布ともよし!でゲットできたら、幸せがひとつ着る楽しみとともに増えるので、WINWIN。
着物って、着なくなるほど着方や興味を失い、昔ローンで買った泥染めの本場大島紬を今は見ようともしない私の母のように過去の長物になるので、
着たいものたくさんの、物欲が果てしない着物好きやコレクターにとっては、複雑ながらありがたいもの、とわたしはとらえてます。

なぜ着ないのかは、先の回答者の方々のご意見が、そのとうりですね。別に着物でいやな思いしたわけでなくても、着なくなることで意識から遠のいて、全く関心なくしてしまう、可哀想な衣服たちですので、せめて私たち着物好きは、引き取って愛してあげたくなりますね。

haj********さん

2019/7/1718:00:21

私の母(70代)も、めっきり着物から遠ざかりました。
理由は着ていくところがないから。
私が子どものころは、学校の式典のほか、お雛様、お正月、私たち姉妹の日舞のおさらい会や先生へのご挨拶など、子どもがらみの用事でよく着物を着ていましたが、それがなくなると着る機会がないんですよね。
母は専業主婦で、そもそも今のようにママ友とランチとか、そういったちいさな社会生活すらない人でしたから、着る機会を作るのは相当難しいと思います。

次に着るのは孫の結婚式でしょうね。

ymj********さん

2019/7/1717:44:46

今の中高年の世代だと、着ない・着られない人でも嫁入り道具に着物を持たされるのが普通だったので、そもそも「着たいから持ってるわけじゃない」という人が大半だからでしょう。

嫁入り道具ですから、礼装など着る場面が限られるものや、普段着でも良いものものが多くお手入れにお金がかかるものも多いですし。
結婚して子どもが出来たら高価で着付けの手間がかかるものなんて着てられませんし、子育てが終わったら今度は体型や見た目や流行が変わって着られないという人も多いと思います。

プロフィール画像

カテゴリマスター

yur********さん

2019/7/1713:40:16

昔は着てたけれど今は着ないという方の場合は

嫁入り時代と体型が変わったから着られない
嫁入り道具ゆえ、年を重ねた今では派手すぎて着られない
そもそも、着方を忘れた
メンテなど諸々がめんどくさい

実は、昔も今も自分で着られない…なんて方も多いですよ。
それでも嫁入り道具としてはお着物を持たせてもらうのです。
見栄張って「もう着ないわ(さも昔は着てたかの様な言い方)」なのかも。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる