ここから本文です

等温不可逆膨張より等温可逆膨張の方が大きい仕事を得られる理由を教えて欲しいです

kei********さん

2019/7/2416:00:03

等温不可逆膨張より等温可逆膨張の方が大きい仕事を得られる理由を教えて欲しいです

閲覧数:
54
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

quさん

2019/7/2521:55:59

不可逆膨張とは仕事をしない膨張のことです。可逆膨張とは仕事をしながら膨張する事です。
あなたの質問は可逆不可逆の定義そのものです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ire********さん

2019/7/2520:28:10

等温の場合に限らず、不可逆膨張について考えてみます。

ピストンとシリンダの間に摩擦がある場合は、当たり前過ぎますのので、ピストンが速く動いた場合について。

ピストンが速く動くと、ピストン内側近傍で気体の圧力が他の部分より低下し、ピストンを押す圧力が小さくなります。結果、仕事=ピストンを押す圧力☓断面積☓移動距離は小さくなります。

これに対して、可逆膨張では「準静的変化」の条件をつけて、ピストン内側の気体の圧力を均一とし、ピストン近傍の圧力が他の部分より下がらない=内部の最大の圧力をそのまま仕事に使うようにします。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる