ここから本文です

物語中に本や他の文学作品(詩や戯曲などなんでも)が出てくる本を教えてください。

アバター

ID非公開さん

2019/7/1715:35:21

物語中に本や他の文学作品(詩や戯曲などなんでも)が出てくる本を教えてください。

私が思いあたるものでは
「夜は短し歩けよ乙女」森見登美彦
「ミーナの行進」小川洋子
「初恋」ツルゲーネフ
「少女ポリアンナ」エリナー・ポーター
「ビブリア古書堂の事件手帖」三上延
などがあります。
他に思い当たるものがあれば、よろしくお願いします!
作中に何の作品が登場するかも一緒に教えていただけたら嬉しいです

閲覧数:
55
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

alv********さん

2019/7/1803:33:33

そんな作品は本当にいくらでもありますが……
もっとも、いざ聞かれると私も具体的な名前が中々出てこないので、つい最近読んだものから挙げますと、

▼五木寛之『四季・奈津子』
エセーニンの詩。題は忘れましたが「ボスホラスへは行ったことがない……」から始まる詩です。

▼永井荷風『濹東綺譚』
「紅楼夢」出典の古詩が出てきます。他にも蘇東坡などからの引用がいくつかあります。

▼菊池寛「蘭学事始」
タイトル通り「蘭学事始」からの引用が組み合わされています。

▼曽野綾子『太郎物語』高校編・大学編
作品のテーマに大きく関わるほどではありませんが、随所に懐かしい作家や作品が次々出てきます。堀田善衛『広場の孤独』とか佐々木邦とか花田清輝とか。

▼阿川弘之『雲の墓標』
万葉集の歌が多数。

▼獅子文六『娘と私』
自伝的な要素もあるので、ある意味当然ですが、獅子文六自身の作品(ほとんど全部)が次々出てきて、登場人物の運命に影響を及ぼします。

▼高橋治『風の盆恋歌』
主人公と不倫相手が交わす恋文の中に色々な句や歌が引用されています。

▼立原正秋『残りの雪』
もう忘れましたが、和歌が色々引用されていたはずです。『風の盆恋歌』同様、不倫相手に歌を送っていたような気がします。

▼芥川龍之介「杜子春」
呂洞賓の詩。

▼梶井基次郎「Kの昇天」
ラフォルグの詩。

▼アルツィバーシェフ『最後の一線』
終盤で「かもめ」のトリゴーリンの台詞が出てきます。

そのほか、私はまだ読んでいないのですが、昨日発表された芥川賞の候補作だった一つ、李琴峰「五つ数えれば三日月が」には漢詩などが随所に引用されているらしいです。
また、芝木好子『隅田川暮色』は、乙川優三郎『ロゴスの市』の中に出てくるらしいですが、乙川の方は読んだことがないので、作中でどういった取り上げ方がされているのかよく分かりません。

※「元ネタ」という視点からは、円地文子の小説なんかは、日本や中国の古典に知識があると元ネタがわかって面白いと思います。註釈がついていることもありますし、出典が理解できなくても全く大丈夫です。

ここまでいくつか挙げましたが、この中ではやはり五木寛之の『四季・奈津子』におけるエセーニンの詩が印象的です。この詩と、この詩人に影響を受けた一人の女性の生き方が、作品全編(なお続編3作があります)を通しての主題になっています。


参考になれば幸いです。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/7/2321:11:16

    ありがとうございます!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tet********さん

2019/7/1809:27:56

ご紹介します。

「センセイの鞄」川上弘美・・・伊良子清白の詩
「1Q84」村上春樹・・・「アフリカの日々」イサク・ディネーセン
「赤毛のアン」モンゴメリ・・・シェイクスピア
「虞美人草」夏目漱石・・・メレディス

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ble********さん

2019/7/1717:26:55

山本弘「BISビブリオバトル部」シリーズ

SF、ノンフィクション、ミステリー、ラノベなど、
いろんなジャンルの本がたくさん出てきます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

Hitterさん

2019/7/1716:09:30

・早瀬 耕 「未必のマクベス UNCONSCIOUS MACBETH」

ウィリアム・シェイクスピアの四大悲劇のひとつ「マクベス」をモチーフとした大犯罪小説にして大恋愛小説。


・京極夏彦「どすこい。」

四十七人の力士(元ネタ→「四十七人の刺客」池宮彰一郎)
パラサイト・デブ(元ネタ→「パラサイト・イブ」瀬名秀明)
すべてがデブになる(元ネタ→「すべてがFになる」森博嗣)
土俵(リング)・でぶせん(元ネタ→「リング」「らせん」鈴木光司)
脂鬼(元ネタ→「屍鬼」小野不由美)
理油(意味不明)(元ネタ→「理由」宮部みゆき) 注:(意味不明)までがタイトルである
ウロボロスの基礎代謝(元ネタ→「ウロボロスの基礎論」竹本健治)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる