ここから本文です

次のアミノ酸を陽イオンクロマトグラフィーで分解した時、最も早く溶出されるもの...

アバター

ID非公開さん

2019/7/2704:00:03

次のアミノ酸を陽イオンクロマトグラフィーで分解した時、最も早く溶出されるものはどれか。

0.アルギニン
1.バリン
2.ロイシン
3.アスパラギン酸
4.グルタミン

わかりやすく解説もお願いしますm(_ _)m

閲覧数:
4
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

iwa********さん

2019/7/2713:17:37

アスパラギン酸です。アミノ酸を陽イオン交換樹脂で分析の場合、pH2ぐらいの酸性で吸着させて、少しずつpHをあげて溶出します。なので、酸性アミノ酸、中性アミノ酸、塩基性アミノ酸の順に溶出します。等電点がほぼ同じ中性アミノ酸の場合は、陽イオン交換樹脂の樹脂の性質次第ですが、通常使うものなら疎水性アミノ酸の方が樹脂に吸着するので遅くなります。

アバター

質問した人からのコメント

2019/7/27 13:28:08

とてもわかりやすくありがとうございます!!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる