ここから本文です

ホワイト国からの除外をして欲しいならまず韓国の政治家は皆、日本に謝罪するべき...

f65********さん

2019/7/2415:33:06

ホワイト国からの除外をして欲しいならまず韓国の政治家は皆、日本に謝罪するべきなのでは。
徴用工判決の問題や不可逆的合意だった慰安婦財団の解散について。

何の謝罪も無くただホワイト国を維持しろは有り得ませんよね?第三国への軍事転用可能な品への流出についても自戒すべきなのでは。

閲覧数:
85
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jus********さん

2019/7/2415:44:18

いいえ、韓国は「レーダー照射問題」の理由をすべて「ゲロ」しなくてはなりません。



レーダー照射は、日本に対する「宣戦布告」そのものです!!




レーダー照射問題などがあった以上、韓国がどう否定しようと、世界は韓国を信用しないでしょう。

「韓国」と「北朝鮮」とが、裏でどの程度結託しているか不明です。レーダー照射問題でもわかる通り、韓国は信用がまったくできません。

北朝鮮は拉致問題、核搭載用ミサイルの発射などでもわかる通り、テロ国家です。

韓国は、レーダー照射問題、「日韓請求権協定」違反でもわかる通り、国際的信用ができない状態です。

「広開土大王 (駆逐艦)」の艦長は、「日本海上保安庁の巡視船など」を「追い払え」という命令を受けていたために、レーダー照射(ロックオン)を行った。←これが一番辻褄が合います。

通常、軍艦の近くを「日本のP-1哨戒機」が接近しても、気になるはずがありません。無視すればいいだけです。

しかし、「広開土大王 (駆逐艦)」の艦長は、「日本海上保安庁の巡視船など」を「追い払え」という命令を受けていたため、

「日本のP-1哨戒機」が接近したのを見て、命令に忠実であろうとして、「追い払う動作」としての、レーダー照射(ロックオン)を行ってしまったのではありませんか?

--------------------------------------

「広開土大王 (駆逐艦)」は、北朝鮮の密漁行為を支援し、日本漁船、日本の巡視船を追い払うのが目的であったのではないか?、しかし、「日本のP-1哨戒機」が来てしまったため、レーダー照射(ロックオン)で追い払おうとした。

--------------------------------------

「ロックオン」は「日本のP-1哨戒機」に対して「広開土大王 (駆逐艦)」搭載のセミアクティブ・レーダー・ホーミング方式のRIM-7P「シースパロー」艦対空ミサイルの発射準備完了(ロックオン)を意味します。

問題は照射の次の「艦対空ミサイル」、レーダー照射とは、一般的に「イルミネーター(照射器)」と呼ばれる種類のレーダーであり、レーダー電波を極めて細い指向性の高いビーム状で照射することに特化しています。対空目標に対して使用され、対象の位置、高度、速度といった情報を高い精度かつリアルタイムに取得することができます。そしてこの状態を「レーダー照射」または「ロックオン」と呼びます。

「シースパロー」は、「セミアクティブレーダー・ホーミング」と呼ばれる誘導方式を採用しており、ミサイル先端部に取り付けられた「シーカー(検知器)」が、レーダー照射された航空機の反射する電波を拾います。そして航空機の方位を取得、自己の針路が航空機との衝突コースに乗るよう、誘導・飛翔します。原理上、「シースパロー」発射後も標的に命中するまで、レーダー照射をし続ける必要があるものの、P-1より遥かに機動性の高い戦闘機に対しても有効であり、また小さな対艦ミサイルに対して使用することも可能な、高い誘導精度を持ちます。「シースパロー」には40kgの大きな弾頭(爆弾)が組み込まれており、ミサイル自体は直撃する必要はなく近接信管によって炸裂。「コンティニュアス・ロッド」と呼ばれる金属製の鞭が円形に広がり、航空機ないし対艦ミサイルの胴体や構造物を、効率よく「切断」することに特化されています。


--------------------------------------


【根拠】:犯罪には必ず「動機」があります。

【前兆現象】2018/11/20

↓第9管区海上保安本部は20日夜、日本海の日本の排他的経済水域内で、韓国の警備艦が北海道のイカ釣り漁船に対し操業をやめるよう求めてきたと発表した。警備艦が接近したため巡視船が間に入り漁船を保護したという。
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20181122-00000002-nnn...

↑第9管区海上保安本部によると、20日午後8時半ごろ、石川県能登半島の西北西395キロの日本海で、操業中の北海道のイカ釣り漁船「第八十五若潮丸」が、韓国海洋警察庁の警備艦から「操業をやめ、海域を移動するよう」無線で求められた。

現場は、大和堆周辺の日本の排他的経済水域内で、日韓漁業協定上、日本の漁船が操業可能なことから、海上保安庁の巡視船が、「要求は認められない」と無線で伝えた。しかし、韓国の警備艦が漁船に接近してきたため、巡視船が間に入り、漁船を保護したという。

第9管区海上保安本部によると、現場の周辺海域で、韓国側が日本の漁船に操業停止を求めた例は過去にないという。

--------------------------------------

↑海上保安庁の巡視船に邪魔されたため、海上保安庁の巡視船を追い払うために、韓国は今回、駆逐艦を派遣したのではないか?

北朝鮮漁船の救助とか、(問題はあるが)燃料切れの支援レベルならいざ知らず、↑上記に示した通りであるならば、韓国は、犯罪行為を手助けしており、北朝鮮への国連制裁違反であり、アメリカを含めた世界への「裏切り」行為となる。

そのことをはっきりさせる為にも、国連安保理で調査、審議する必要があるのではないか?



アメリカの報道は↓こんな感じです。

↓ニューズウィーク【Newsweek】米国警備艦が北朝鮮の「瀬取り」監視で異例の韓国入り 韓国への警告の意図も?
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/04/post-11919.php

↑アメリカの沿岸警備隊の大型警備艦「バーソルフ」(バーソルフ級カッター)が日本の佐世保港から韓国入りし、北朝鮮による「瀬取り」の取り締まりに乗り出した。

↑韓国も「瀬取り」に関与?

↑日韓関係を決定的に悪化させた昨年末の韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊哨戒機に対する「レーダー照射事件」についても、瀬取りとの関係を指摘する政府関係者や識者もいる。韓国船が瀬取りを支援している現場を押さえられそうになったため、海自機をレーダー照射によって追い払おうとしたのではないかという見方だ。海自機は、救難信号を出していたとされる北朝鮮の漁船を韓国の小型ボートや警備艇が取り囲んでいる状況を確認している。ちなみに、日本側は北朝鮮船の救難信号をキャッチしていない。

いいえ、韓国は「レーダー照射問題」の理由をすべて「ゲロ」しなくてはなりません。...

「ホワイト国」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる