ここから本文です

イベント会社、エステサロンの会社==反社会的な勢力の闇企業、 と見破るにはど...

kan********さん

2019/8/110:00:03

イベント会社、エステサロンの会社==反社会的な勢力の闇企業、
と見破るにはどうしたらいいですか?

今回の
吉本興業の会見では
そのことが出てきた。





吉本、岡本社長異例の5時間半会見、
現地記者はどう見たか 記者席からは「最初の話と違う!」と怒号も
7/23(火) 18:23配信



ねとらぼ編集部の質問に「それ聞いちゃうんだ」の声


終始うまく回答できず言葉に詰まってしまう岡本社長の会見に、カメラマンからは「何時までかかるかなこれ……」の声。司会の笠井広報室長から事前に「質問が終わるまで会見を続ける」旨の説明があったこともあり、近くにいたカメラマンは「(“長時間会見”といえば、)日本マクドナルドによる異物混入問題の会見」を思い出すと話し、「3時間強だった」と苦笑いしていました。一方宮迫さんと亮さんの会見が約2時間半だったこともあり、「5時には終わるだろう」という話も聞かれました。


そんな中、会見冒頭と終盤にはねとらぼ編集部が質問の機会を得ました。質問したのは大きく分けて2つで、「吉本興業と反社会的勢力の関わり」「雇用契約」についてです。


まず「吉本興業が主催するイベントに『CARISERA』(表向きはエステサロン、実態は反社会的勢力のフロント企業と報じられている)がスポンサードしたというのは本当か」と尋ねると、背後にいた芸能リポーターたちからは「それ聞いちゃうんだ~」という声。


岡本社長は「事実ではありません」ときっぱり否定したうえで、質疑応答で唯一、事前に用意された資料の読み上げが行われたほか、吉本側が作成したパネルが登場するなど、異様な展開となりました。


岡本社長の説明によると、「当該イベントは吉本興業のイベント制作ではなく、都内のイベント会社が主催したもの。吉本はイベント会社の依頼を受け、タレントを派遣しました。このイベント会社のスポンサーの1つが今回問題となっている特殊詐欺集団のフロント企業だったということです」とのことで、吉本としては全ての取引先の反社チェックを行っていたためイベント会社が反社ではないということは確認していたものの、その先に反社がいたというのは見抜けなかったと語り、「この判断が甘かったという面は否めないと思っております」と回答。


またこの件については、調査が続いており、警察と全国暴力追放運動推進センターにも報告、相談はしているとのことでした。



また宮迫さん、亮さんらが出席してしまった「CARISERA」社長(特殊詐欺の主犯格として後に逮捕)の誕生日パーティーについて、「吉本の社員が出席したという事実はあるか」について尋ねると、これについては「(同席)していません」と否定したほか、「調査結果を公にするか」という質問には「調査中のため、今いまにということは考えておりません」としました。



なお、質疑応答含め、会見中で吉本側がパネルを使って説明を行ったのはここだけでした。


通常、こうしたパネルを準備していたのであれば、冒頭の岡本社長の会見部分で使用するのが一般的に思えますが、「記者側から質問があってようやくパネルが出てきた」という点にやや違和感を覚えました。うがった見方かもしれませんが「聞かれなければそのまま済ませたかったのでは」とも考えてしまい、回答内容とは別にモヤモヤが残ったのも事実です。


終盤に質問した雇用契約の関係については、大崎洋会長が「吉本の場合は口頭で契約する。民法上も口頭で成立する」とメディアに語っていることや、ハリセンボンの近藤春菜さんが7月15日放送の「スッキリ」で、「(どんな契約をしているか)私は口頭でも聞いた覚えはない」と発言していることを踏まえ、「吉本に所属する場合、タレントにどんなことを伝えているのか。注意事項などを具体的に教えてほしい」と尋ねたところ、「NSCを卒業した生徒には、コンプライアンス順守の書類として誓約書を書いてもらい、うちの仕事をやっていただいている。“基本は契約書無しで人間関係で”ということがベースだが、所属タレントは多岐にわたるため、今回のことを踏まえ、どういう形が模索できるか探る」と回答しました。


また契約書がない状態で所属タレントが問題や事故などを起こしてしまった場合、「根拠がないためタレント自身に損害賠償することが難しいのでは」と尋ねたところ、これについては、「タレントが事件や事故を起こし、クライアントさんに損害を与えた場合も、一度も(タレント側に)請求をしたことはありません」と回答しました。




https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-00000067-it_nlab-soci&p...

閲覧数:
51
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hid********さん

2019/8/321:36:16

暴対法で指定されてないとわかりません。
指定逃れのための企業舎弟ですし、一般企業としても「わからない」としておかないと経営に差し支えます。

付き合いたいけど、叩かれたくない。 察してください。
地上波各局は中国政府や企業舎弟と付き合わないわけにはいかないのです。
中国大使館の車がしょっちゅう来ていても知らん顔してください。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる