ここから本文です

仏の身体のすがたをもって仏を見てはならない、いかなる相も虚妄であり、 諸々の...

mir********さん

2019/7/2718:22:09

仏の身体のすがたをもって仏を見てはならない、いかなる相も虚妄であり、
諸々の相は相に非ずと見るならば、即ち如来を見ることになる。
をもっとわかりやすく現代的に表現すると、どのように言えますか?

閲覧数:
34
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

now********さん

2019/7/2723:20:50

「個」としての仏の姿を、そのまま真実の仏の姿と思ってはならない。
いかなる「個としての枠組み」も、思考分別が作り出した幻想であり、

諸々の個(枠組み)は個(枠組み)ではないと見るならば、それはそのまま素晴らしい宇宙の一体性を見るだろう。

質問した人からのコメント

2019/8/1 12:31:27

ご回答ありがとうございます。
お二方ともに優れた解釈と思います。
siaさんには、これからも多数BAおつけするであろうことが予想されますので
今回は別の方に!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sia********さん

2019/7/2722:24:21

仏の身体のすがたをもって仏を見てはならない
仏像があると思って仏像をみてはならない

いかなる相も虚妄であり
認識できるものは幻想であり

諸々の相は相に非ずと見るならば
認識できるものは実在ではないと見るならば

即ち如来を見ることになる
即ち空の知恵である

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる