ここから本文です

夏目漱石「こころ」の【先生と遺書】の質問です。 42段落にあるKが言った ...

yur********さん

2019/7/2809:01:00

夏目漱石「こころ」の【先生と遺書】の質問です。


42段落にあるKが言った

「覚悟、──覚悟ならないこともない。」

という言葉ですが


①「覚悟」という言葉にどのような意味をKが

込めていたか。

②その後、先生(私)の「覚悟」のとらえかたはどのように変化していったか。


の2点を答えはいいので、少し解説をして頂きたいです。

閲覧数:
75
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ron********さん

2019/8/316:46:45

①道、精進という言葉をどういう風にKは使っていたか?
道のためには全てを犠牲にするのが彼の生き方、第一信条。
恋愛もご法度だった。

②お嬢さんに突き進むという方面で、覚悟したと思ったが、そうではなかった。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる