ここから本文です

喘息でシムビコートを吸入しています。 肺がゴロゴロしたり、息が充分に吸えな...

edv********さん

2019/8/801:00:03

喘息でシムビコートを吸入しています。

肺がゴロゴロしたり、息が充分に吸えないなどの症状が1年以上続いており、治療を始めたのが半年前くらいです。ずっとシムビコートを説明通りに服用し

ているつもりです。

シムビコートを吸った直後、すぐには治らず、むしろしばらく症状が辛くなるのは何故でしょうか?正しいことなのかおかしい事なのか分かりません。
同じようなことに覚えのある方、もしくはご存知の方、是非とも教えてください。

閲覧数:
199
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ddr********さん

2019/8/810:28:45

ぜんそくは子どもの病気…そう思っていませんか。ところが、子どものぜんそく患者が人口の7%程度であるのに対し、大人(成人)も3~4%を占めています。
大人のぜんそくの場合、子どものころのぜんそくが再発するケースもありますが、大半は成人してからの急な発症です。とくに40歳を超えてからの発症が、半数以上を占めています(※1)。また軽症や中等症の人でも、生命にかかわる激しい発作を起こすこともあるので油断できません。
大人の場合、咳などの症状が続いていても、ぜんそくであることに気付かず、風邪薬などでしのいでいることが少なくありません。その結果、こじらせてしまうケースも目立っています。
ぜんそくについては近年の研究などから、原因や治療法など、従来とは大きく変わりつつあります。そこでまず、ぜんそくについて知っておきましょう。
ぜんそくの代表的な症状は、咳、呼吸時の喘鳴(ぜんめい)、痰、息切れ、息苦しさ(呼吸困難)などです。喘鳴というのは、呼吸のたびに気道がヒューヒュー、ゼーゼーと鳴る症状です。ぜんそくの特徴的な症状のひとつですが、実際には喘鳴がなく、咳だけが続くタイプもあるため、風邪や気管支炎などと間違えやすいのです。
ただ、風邪などの場合には、昼間でも咳が出ます。一方、ぜんそくの場合は、夜間とくに明け方ごろに激しい咳や息苦しさなどの発作がよくみられます。反対に昼間は、ケロッとしていることも少なくありません。

http://minamitohoku.euaon.net/up/news/konnichiwa/200710/clinic

症状に加えて、こうした特徴がみられたら、ぜんそくの可能性を考え、早めに受診するようにしましょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「シムビコート」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

p_e********さん

2019/8/809:26:46

むしろしばらく症状が辛くなるのは何故でしょうか?

粉を吸い込むというだけで、気管支が収縮することだってあるでしょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる