確定拠出年金でどの商品にかけておくか悩んでます。 一点集中でハイリスクハイリターンを望みます。 いま外国株、国内株も過去最大に迫る勢いです。 こんな状況で株に入れるのもどうなのかと

確定拠出年金でどの商品にかけておくか悩んでます。 一点集中でハイリスクハイリターンを望みます。 いま外国株、国内株も過去最大に迫る勢いです。 こんな状況で株に入れるのもどうなのかと 。債権とかどうなんですか? いま下落してて今後ハイリターンを狙えるのってなんですかね?

ベストアンサー

0

ご自身と家族の状況加味しないと適切なのは導けないと思います。 例えば我が家だと、 退職金アリ(日本円現金相当) 個人年金アリ(日本円現金相当) 賃貸なので、手持ちの資産はほぼ全部株やREITにしています。 それでも現金相当の割合が多いので、確定拠出年金は夫婦ともNYダウ50%、J-REIT35%、世界中小株15%でいけいけどんどんです。 債券は米国債の生債券を少し持っていますが、今金利下げの影響で評価益が上がっていてもう手が出ません。欧州、日本は論外です。 円高が進むと思えば、ナンピン覚悟で株100%でもいいと思いますよ。ただ評価額-20%は覚悟です。

その他の回答(1件)

0

確定拠出年金にハイリスク商品は無いです。 金融商品にはいろいろあって、ビットコインとかFXとか株の先物とか信用取引とか、、、そういうのがハイリスク商品です。 確定拠出年金リストの中で比べると海外株式ファンドが最もリスクが大きいと言えます。 そのファンドを構成するのはアメリカのアップル、グーグル、フェイスブック、アマゾン、ジョンソンアンドジョンソン、マイクロソフトとか、、、そういう大手の株が主要です。 私の確定拠出年金での経験によれば債権はほとんど儲からないです。債権を買うくらいなら元本保証に逃げることにしています。 儲けを出したいのであれば国内株式または海外株式が組み込まれたものにしなければならないです。 商品リスト名にXX株式インデックスとかあるなら株のみ構成、バランスの文字があるな株と債権混ぜているもののはず。 詳しくは目論見書の真ん中くらいにある商品構成を調べてみましょう。