ここから本文です

日本史についての質問です 大正時代の政党についてです 勉強していてごっちゃに...

fcc********さん

2019/8/716:58:37

日本史についての質問です
大正時代の政党についてです
勉強していてごっちゃになってしまいました。
私の認識⬇︎
桂太郎は山県有朋を引き継ぐ= 桂太郎と山県は仲間
西園寺公望は伊藤博文

を引き継ぐ内閣=西園寺公望と伊藤は仲間

そこで質問なのですが
第二次大隈重信内閣が総辞職した後寺内正毅が内閣を組織しますよね。挙国一致〔超然主義〕をかがけている内閣を作ってなぜ立憲同志会、そのほかの与党は憲政会を作って対抗するのですか?
もし憲政会の目的が政党も政権に入れろ!ってことなら逆に対抗しないほうがよかったんじゃないですか?なぜなら、立憲同志会は元々桂太郎が作っていて元をたどると仲間の山県は政党内閣を嫌がっていたんじゃないんでしょうか?
間違っている解釈が多々あると思います。なるべく砕けた文章で説明していただけると助かります!

補足立憲国民党から憲政会になると政党の中の考え方が変わったりしたということでしょうか?

閲覧数:
32
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yak********さん

2019/8/719:34:41

https://www.youtube.com/watch?v=5uWJaiIXrfw

質問者さんの答えになっているか わかりませんが、
憲政会と立憲政友会は 政策 考え方が違います。

学校の山川教科書などでは 深いことまで書いてないです。
書いたら、韓国 中国から非難されると思います。

だから、政党内閣はややこしく書いてあると思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる