ここから本文です

電波人間タックルの技、電波投げは、嘉納治五郎の空気投げが元ネタですか?

電波人間タックルの技、電波投げは、嘉納治五郎の空気投げが元ネタですか?

閲覧数:
39
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zaj********さん

2019/8/919:08:21

タックルは岬ユリコ役の岡田京子がスーツアクトレスも兼ねていました。しかし、全くアクションができないため、敵と絡まなくて済むように電波投げというアイディアになったそうです。
その過程で空気投げを元ネタにしたということはあるかもしれません。
スーツアクトレスを起用したというのはバトルフィーバーJくらいではないですかね。
タックルに限らず、好き!すき‼︎魔女先生のアンドロ画面は菊容子が、円盤戦争バンキッドのスワンは鈴木美江が、流星人間ゾーンのゾーンエンジェルは北原和美がそれぞれスーツアクトレスを兼任しています。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sur********さん

2019/8/1012:25:01

”空気投げ”と言うと、「相手に触れずに投げ飛ばす技」というイメージを持つ人も多いと思いますので、それが元ネタになった可能性はあります。

ただ、あえて野暮を承知で申し上げますと、実在する柔道の”空気投げ”は相手に触れずに投げる技ではありません。正式な名前を”隅落(すみおとし)”と言いまして、相手の足を払ったり腰に担いだりはしませんが、道着は普通に握ります。
使い手として有名なのは嘉納治五郎師範ではなく、三船久蔵という名人が得意にしていました。ただし、”隅落”の名前を考えたのは嘉納師範であるという説があります。ご参考ください。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる