ここから本文です

地球温暖化原因CO2説否定派の東工大 丸山しげのり教授が指示している、間氷期から...

wat********さん

2019/8/1216:51:22

地球温暖化原因CO2説否定派の東工大 丸山しげのり教授が指示している、間氷期から氷期への移行過程に入り地球は寒冷化する、との説。

10年弱前に丸山先生の著書、確か、科学者の殆どが地球温暖化の原因がCO2ではないことは分かっている?旨の著書を読みました。丸山先生の著書の中で確か2015年前後?から昇温曲線の勾配がIPCC?予測より下がり始める旨のことが書いてありました。

実際どのような状況なのでしょうか?

また
間氷期→氷期への移行はこんな短期間で分かるものなのですか?

閲覧数:
221
回答数:
10

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/8/1315:44:30

「間氷期から氷期への移行過程に入り地球は寒冷化する」は今から数十年後のことではなくて、数千年後です。
ミランコビッチ・サイクルによる北半球高緯度の日射は現在、極小値近くですから、氷期になって7度下がるのは、時間的遅れからみて2000~7000年後のことです。

「科学者の殆どが地球温暖化の原因がCO2ではないことは分かっている」は事実ではないでしょうが、かなりの割合で温暖化CO2説の科学者の中に、そういう人が混じっています。

国の諮問委員会の休憩時間に温暖化CO2説の東大教授が懐疑派の教授に、「みんなわかっているんですよ。今のままでいいじゃないですか。」と言ったそうです。
要するに、温暖化CO2説の大学教授のほとんどはCO2が原因で温暖化しないことは知っているが、ケタ違いに多い研究費を地球温暖化対策費として国からもらっているため、表向きは政府に迎合して温暖化CO2説の立場をとっているのです。

私も現役の研究者の時は所属する国の関連研究機関が温暖化CO2説であるため、立場上「かくれキリシタン」のように「かくれ懐疑派」とならざるをえませんでした。地球温暖化対策費の研究費をいただいたこともあります。

「丸山先生の著書の中で確か2015年前後?から昇温曲線の勾配がIPCC?予測より下がり始める旨のことが書いてありました。」ということですが、実際にはもう15年早く2000年頃から気温が横ばいとなり、IPCCの予測よりも下がり始めています。

http://ieei.or.jp/2013/06/expl130607/
地球温暖化が止まっている? エコノミスト誌

http://blogs.yahoo.co.jp/nishiokablog/25046158.html
CO2説に基ずく73個の気候モデルは大きくはずれた

http://green.ap.teacup.com/pekepon/1376.html
2000年以降人口千人以下の観測点では寒冷化 小川克郎 石井吉徳

「間氷期→氷期への移行はこんな短期間で」は分かりません。数千年後に数百年かけて7度下がり、氷期になるはずです。
今、心配されていることは氷期が来ることではなくて、2030年頃に200年ぶりに太陽活動が不活発な極小期となり、15年遅れで2045年頃から1850年以前のような小氷期となって、1~2度下がることです。

  • 質問者

    wat********さん

    2019/8/1317:27:48

    丸山先生のご専門は地質学ですがどの分野かは知りません。氷期→間氷期の移行過程の始まり予測も恐らく第四期堆積岩帯ボーリングコア、閉鎖系に近い淡水系の堆積物、これらに含まれる花粉分析、微化石の酸素同位体比などから温度周期を読んで、そろそろ来るだろうとの予測を立てているのだと思います。これらの地質記録にはミランコビッチサイクルのような自転軸の振れ?の影響についても記録として一緒に含まれるはずで、その結果からトータルの周期を読んでいると思います。ただ自分もよく知らないのですが、太陽活動(黒点の数)などについてはこまかな周期性はあるのですか?

    あと地質時代数億年の間にに二酸化炭素濃度曲線の勾配がここまで多きなった時代は他にないような・・・つまり数億年オーダーで地中に固定してきた二酸化炭素を一気に吐き出す、つまり一気に濃度上昇すれば(化学)平衡状態に達するのには十分な時間が必要、つまり平衡状態に







  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/8/18 20:30:28

皆様方,ご回答ありがとうございました。結局結論は数十年後に出るとしかいいようがないです。CO2説支持派及び否定派という、カテゴライズができてしましそうです。BAは投票に委ねても良かったのですが、結局選挙みたいになりそうなので自分で選びました。最も返信回数が多かった方です。自分も色々と調べてみます。この質問設定が今後の参考になれば幸いです。いずれにしろ、CO2削減で問題が大きくなることはないですよね

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mon********さん

2019/8/1812:23:33

http://www.cneas.tohoku.ac.jp/labs/china/asuka/_src/sc362/all.pdf

こういう議論はもう終わってます。 自分の目で確かめた方がいいですよ。

bak********さん

2019/8/1810:38:25

その書物知りませんが、そして、単に言い方の問題ならごめんなさいですが、
「地球温暖化の原因がCO2ではないことは分かっている」じゃなくて、いわゆる地球温暖化という現象は過去にも何度も経験しており当然あり得ることですが、今程度のCO2濃度上昇によって、原発屋さんやIPCCの言うような地球温暖化にはならないよってことではないでしょうか。

まあ、海水の温度を無視して地球温暖化がどうだっていってた集団ですから、トンデモ科学者集団ですね。明日の天気がわからないのに100年後の気候がコンピューターでわかるんですと(大笑いです)

kka********さん

2019/8/1713:52:18

その本の内容について、環境学者や気候学者から反論された後、再反論もなにもないまま10年過ぎています

今は当時の主張を続けているのかわかりませんね

>間氷期→氷期への移行はこんな短期間で分かるものなのですか?

もっともな疑問です。今の地球温暖化については100年間以上にわたる観測結果と大気中のCO2濃度の上昇と言う、否定できない事実があります。長期的には丸山氏の言う事は当たっても僅か100年間単位での温暖化ははっきりしており、人類が温暖化問題を解決したら何万年かかかって氷期がくるかもしれません。

>科学者の殆どが地球温暖化の原因がCO2ではないことは分かっている?

そんな事実はないと思います。当時ですら丸山氏の根拠のない思い込みで言っているだけで、気候学者の大部分はCO2の増大と地球の平均気温の上昇との相関をもとにCO2増大が気温上昇の原因と認識していたはずです。今はさらに進んでCO2の分子運動が地表から赤外線が放射されて活発になり、さらにCO2が赤外線を放射する。

そのCO2が増加していることが地球温暖化そのものだとは共通認識を持っていると思います。物理的メカニズムについても早くから認識されていました。

丸山茂則氏はCO2は大気中の0.03%しかなくそれが0.01%しか増えない程度で影響があるはずがないと言ってます。

しかし、気温も直近100年間で0.85度しか増えてはいないとも言えますが、生物はそのわずかな上昇でも感じ取り、生物活動も影響を受けます。0.85度でも平均気温の事であり、気温上昇が上なら上振れしたら数度にも上昇するときがあります。また下振れも激しくなるのです

近年は温暖化になっても冬全体では暖冬でも突然寒くなったりして日本では豪雪になったり、翌日には雨が降ったりもします。地球温暖化は一方では大規模気候変動と呼ばれて、大規模気象災害をもたらすと警戒されているのです。日本でも昨年夏の西日本豪雨と、その後の酷暑について地球温暖化の影響であると科学者は結論付けています

saw********さん

2019/8/1410:02:53

寒冷化は今の状態では無理でしょうね、北極海氷が1960年頃の半分以下の状態で、海水が中層まで温まっている状態です。
またたとえ太陽活動が運よく低下したとしても。一般的に太陽の与える気温の変化は0.3度ほどです。

その本を少しだけ読んだことありますが、その本自体が欧米の燃料企業の嘘で固められた偽の情報をもとに書かれた内容がかなりあると思いますよ。

殆どの科学者というのは、実際には気象学者ではない物理学者や、なかには関係のない医者なども含めたオレゴン請願書の事を言っているのだと思います。
http://www.petitionproject.org/index.php
ここにあるSummary of Peer-Reviewed Researchとありますが、クリックすると論文の中にウイリースーンと出ています。彼は人為的温暖化説に反対する燃料企業の雇われ科学者です。
https://jp.reuters.com/article/idJPjiji2011062900379
また論文の査読した機関も企業ロビーの団体です。

だれでも好きな事をネットでも本でも出して主張はできますが、殆どの温暖化懐疑論はまともな団体の査読を通らない論文ばかりです。 これは私の意見でもなく、科学の世界で決められたルールです。 こういった本の内容はあまり信用しない方がいいですよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる