ここから本文です

iDeCoで一つ質問です。

bac********さん

2019/8/1611:34:27

iDeCoで一つ質問です。

iDeCoは積立NISA投資(投資信託)の一種で投資額が全て所得控除扱いに出来るけど
60歳までは下ろせない特殊な積立nisaのようなものだと言う解釈ですが
一般の積立NISAは信託報酬が取られるだけで専用の管理費は取られませんがiDeCoの
場合は、さらに別に管理費がかかるという欠点があるのでしょうか。それとも積立NISAと同じで管理費は不要でしょうか。

閲覧数:
87
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oko********さん

2019/8/1616:01:46

前提が違います。iDeCoとつみたてNISAは違う制度です。

iDeCoは確定拠出年金。確定拠出=あなたが出す金額、が決まっている年金です。
年金なので60歳までお金の引き出しができません。管理手数料がかかります。証券会社ごとに違いますが、毎月最低で167円程度のところが多いです。
運用商品も会社により投資信託だけでなく、定期預金や保険もあります。

つみたてNISAは売却益が非課税で、年に40万円まで20年間運用できる制度。いつでも解約して使うことが可能です。

  • 質問者

    bac********さん

    2019/8/1616:13:52

    名前や詳細制度は書いていますように若干違いますが
      投資をして運用で損も得もどちらの可能性もあるものであり本質は全く同じと考えますが(ここでは投資信託の商品に限定した場合を前提)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kkk********さん

2019/8/1618:58:56

イデコは老後のためと働き盛りのうちの有効な資産形成手段ですが、無理は禁物ですよ。

それまでのライフイベントは多々訪れることも想定してくださいね。
費用やコストは重視されがちですが、ちがいます。

リスク管理のみがじゅうよう。
イデコにより思いがけない豊かさがもたらされる驚きは老後のびっくりです。

働き盛りのうちの資産運用とリスク管理が重要で、コストなどは補助的に考えるにすぎない順番です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる