ここから本文です

試合のない武道を習っても自信が着きません。 似たような仕合のある武道を併習し...

dek********さん

2019/8/1708:00:48

試合のない武道を習っても自信が着きません。
似たような仕合のある武道を併習してルール内の技を試すのが良いですか?

閲覧数:
72
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2019/8/1708:29:13

なかなか難しい質問です。

個人的な考えですが、武術色が強い格闘技、武道だと絶対に負けてはいけないという精神性が求められます。負け=死ですからね。

試合を行う場合だと逆に以下にして負けるか?というのが大事となります。というのも試合を勝ち続ける事は不可能だからです。たとえ勝ち続けたとしてもそれは一定の枠の中での話でしかありません。

この二つは完全に正反対の考え方です。
また、試合に負けても自分に負けないようにしないと武道を続けれない状態に至ります。

具体的には
試合はあくまで鍛錬の結果確認だから勝ち負けにはこだわらない。
特定の技を試すために試合にでているとして勝ち負けにこだわらない。
などなど・・・
ただ、やってない状態で言われてもなんのこっちゃとなると思います。

妥協的な心構えとしては
試合のある武道を併修して試合にまで出るなら、そちらに転向する事を視野にいれてやる(目に見える成果がでる試合の方が楽しくなっちゃいます)とか、絶対に試合には出ない(負け=死の考えのこだわり追求)あたりを強く意識してやるのがよいのではないかと思います。

参考になれば幸いです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bon********さん

編集あり2019/8/2211:46:54

この前「裸締め」で何人か落として自信をつけたって言ってだろう?

なんか変な奴が多いな。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

unk********さん

2019/8/1819:26:24

よくわかりませんが、
例えば合気道をやっていて、
MMAやブラジリアン柔術なんかで
合気道の技を試すとか、
人間相手の試合がない中国武術をやっているので
ボクシングやキックボクシングで
中国武術の技を試すということでしょうか?

でしたらアリだと思います。

ただし、試合がある競技のルールは守りましょう。
例えばブラジリアン柔術では
手首関節はある程度以上のランクにならないと
使うと反則なので、白帯の人を相手に
手首関節を極めたりしては駄目です。

mai********さん

2019/8/1818:17:58

個人的には疑問です。
知らない技を稽古中に試される相手にとってはだまし討ちのようなものです。
それで怪我でもさせたらどう責任をとるつもりですか?
相手にもその競技関係者にとっても自分勝手で迷惑な行為です。
どうしてもというのなら責任者や一緒に稽古する人たちに説明して同意を得ての話ではありませんか?
あなたが自信を得るためにだけに他人にどんな迷惑をかけてもいいという話にはならないと思いますが・・・・・

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

nam********さん

2019/8/1708:38:53

良いと思います。
私は学生時分、対戦相手が少ないなと思って、柔道を弊習する事にしました。

やってみないと分かりません。
人生は一度きりだし、自分は一人だけです。
他人様の偉い話しや、体験談も、結局自分がやった事じゃありません。
なんと言うかなぁ、水泳が出来る人の話しを100回聞くより、自分が1回泳いでみた方がよっぽど為になります。
そんなもんです。
疑問があるなら自分がやってみるのが一番ですよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる