ここから本文です

最新のF16は中国の最新の戦闘機を相手に圧勝するほど強いのですか? 中国エラ...

hak********さん

2019/8/1806:23:55

最新のF16は中国の最新の戦闘機を相手に圧勝するほど強いのですか?
中国エラク大反発してますが、中国は自身の戦闘機を絶賛しておりますけど。どれくらい差があるのでしょう?
(;・∀・)

閲覧数:
521
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

amx********さん

2019/8/1809:49:28

F-16Vは中国の殲10B、殲16等のバッタフランカーと比べても
ほぼ同等の性能といって良いです。

これ迄の台湾空軍戦闘機の主力はF-16A/Bと経国で
それ等では最新の中国戦闘機に対しては著しく劣勢でした。
フランスより購入したミラージュ2000-5が
台湾空軍戦闘機では唯一対抗可能な
第4.5世代戦闘機でした。

F-16V導入は台湾空軍の戦闘機勢力の著しい戦力向上になります。

中国戦闘機にはAESAレーダーの性能、データリンク能力等のアビオニクス面で
アドバンテージが有りますが
(と言ってもF-16Vは輸出先によりグレードが変わるので一概には評価出来ませんが)
中国空軍が保有する少数のロシア製のスーパーフランカーやSu-30MKKと比べると総合的に見劣りしますね。
殲20の性能はよく判りませんが
少なくともステルス性能では分が悪いでしょう。

F-16Vは高性能な最新戦闘機ですが
中国の戦闘機の性能もどんどん進化していますので
現状それ等に対抗可能な戦闘機を増やせた
というのが妥当な評価でしょう。

  • 質問者

    hak********さん

    2019/8/1813:05:01

    なるほど!
    お返事ありがとうございました!
    <(_ _)>

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/8/24 10:45:33

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

miy********さん

2019/8/1811:13:38

ロシア製戦闘機の劣化コピーが優れているのだったら、ロシア製の戦闘機を多く運用しているインドは中国以上の空軍大国ですね

台湾は防衛戦闘を想定しているので、戦場は台湾近海となります
現代は情報戦です。ステルス戦闘機はレーダーで探知されないレンジからの攻撃が絶対的に有利になり、ドックファイトではF16には勝てません

台湾近海では米軍などの電子戦支援として妨害電波の支援があります
中国空軍の絶対的な不利です

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

eb7********さん

2019/8/1810:50:09

戦闘機という括りではあっても、種別の異なる2機種を比べるのはかなり無理があります。

例えば、米国製最新型のF-16Vですがステルス性を持ちませんから、中国の最新鋭ステルス戦闘機J-20が相手では、電波での探知性能には差が出ます。しかし、現実の空戦では、ステルス機であっても敵機を捜索してミサイル発射に必要な情報を得るには自らステルス性を捨ててレーダー波を放射しないと目視外戦闘ができません。目視内戦闘では小回りの利くF-16Vの方が有利かもしれませんが、機動性ではJ-20が上でしょう。
要するにそれぞれの機種には得意な分野/不得意な分野があり、比較するのは難しいと云えます。そして、そもそも両機ともカタログ性能すら曖昧です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mat********さん

2019/8/1809:27:49

圧勝するほどではないですが中国からすれば強敵であることは間違いなく、最新鋭機を差し向ける必要が出てきます。

現在台湾空軍が装備するF-16は初期型のA/B型。これは1980年代の古い機体で中国空軍からすれば最新鋭のSu-27やJ-11などを差し向ける必要はない。軽戦闘機であるJ-10で十分相手できる機体でした。
https://ja.wikipedia.org/wiki/J-10_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)

ところがF-16Vは外観はF-16ですがレーダやアビオニクス、装備するミサイルなど中身は最新のF-35と同じ。ステルス性と赤外線探知以外はF-35と同じ、J-10を圧倒するだけの能力があります。
https://flyteam.jp/news/article/55961

そうなると中国空軍としては台湾空軍を相手にする場合、最新鋭のSu-27やSu-30、J-11などを投入しないといけなくなる。これらの戦闘機ならF-16Vとも互角に戦える。

でもじゃあそこにアメリカ空軍や海軍が介入してきたら?

中国空軍としては台湾空軍は軽戦闘機に任せて、介入してくるアメリカ軍戦闘機に備えて最新鋭機は取っておきたい。その予定がF-16Vによって崩れてしまう可能性が出てくる。
もしF-16Vの数は100機を超えるようになると中国空軍も戦略の見直しを迫られることになるでしょう。

中国空軍は台湾・日本・韓国・アメリカと様々な国の空軍と対峙しているため、強力な戦闘機が一つ加わるだけでも影響は大きいでしょうね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

jun********さん

2019/8/1808:28:12

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

yah********さん

2019/8/1808:08:31

中国の戦闘機の方が圧倒的に強いよ。
中国が反発しているのは、台湾海峡の軍事バランスの変化よりも、アメリカの政治姿勢の変化だ。


https://news.yahoo.co.jp/byline/kimuramasato/20170214-00067710/

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる