ここから本文です

これは韓国が捏造したと書いていますが、なぜ韓国の捏造だとわかるんですか?

アバター

ID非公開さん

2019/8/2123:17:59

これは韓国が捏造したと書いていますが、なぜ韓国の捏造だとわかるんですか?

日本が捏造しているだけかもしれないんじゃないですか?

宣祖,韓国,漢城,国王,倭奴幾ばく,先陣争い,日本

閲覧数:
110
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mon********さん

2019/8/2201:30:44

●朝鮮側の資料にも書かれているからです。

●「城中を観望すれば、火起こりて煙焔天に漲る。 蓋し乱民先ず、堂隷院刑曹を焚く。 その公私奴婢の文籍在る所を以ってなり・・・・」

この言葉自体は、「朝鮮総督府」が編集した
『朝鮮史--第四編』の「第九巻」(宣王25年4月30日)
に書かれてますが、

●朝鮮側の資料によると、
・朝鮮王朝の正史『朝鮮王朝実録(宣祖修正実録)』(二十五年(1592年)4月14日(癸卯)条)に、
「民衆によって略奪・放火された」と明記されており、

・李廷馥の『四留斎集』や
・李恒福の『白沙集』にも
その時の様子が記されています。

-------------------
朝鮮乱民は、まず囚人や奴婢の身分記録を保存していた掌隷院と刑曹に放火して、次に内帑庫(王室財産保管庫)を金品財宝を奪った。さらに国王の住居である景福宮が荒らされて、掠奪と放火で昌慶宮と昌徳宮の2つの別宮も焼失した。大倉庫も燃やされた。弘文館、春秋館の古典や歴史記録、承文院の外交文書も灰となった。王室の畜舎にいた家畜を盗んで逃亡した家臣もいた。 この事実を知った宣祖はこれを残している。

「倭奴幾ばくも無し、半ば叛民、極めて寒心すべし」 --鶴峯集

漢城府から逃げ出す際自らの王にも関わらず石を投げる者もおり、宣祖の一行は進む先の村々で住民と出会ったが、住民たちは王が民を見捨てて逃げることを悲しみ、王を迎える礼法を守らなかった
-------------------
とのこと。

●日本側の記録だと、
・『大徳寺文書』では国王が内裏に放火して逃亡したとあります。

1592年の文禄の役において、「国王の宣祖」が「漢城」から逃亡して治安が乱れると、
先陣争いをする小西行長らの一番隊や加藤清正らの二番隊の入城を前に、
朝鮮の民衆によって略奪と放火の対象となり焼失していたそうです。

●そういえば、
「イエズス会宣教師ルイス・フロイス」が書いた『日本史』によると、
「日本側に協力する朝鮮民衆が続出した」ことが書かれている箇所があります。

だからでしょうか、
秀吉軍は、異例の速さで、漢城を陥落させてますよね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる