ここから本文です

注文住宅、工務店に関しての質問失礼します。 どなたか教えて頂ければ幸いです...

kem********さん

2019/8/3003:06:19

注文住宅、工務店に関しての質問失礼します。

どなたか教えて頂ければ幸いです。
稚拙な文章ですが、読んで頂ければと思います。

長年の夢である、注文住宅の購入を決め、自分の好みの家を作る地方の工務店を見つけました。その工務店と土地を探し、見つけた安い調整区域の土地を購入しました。

そのままその工務店で家を建てようということで仮契約し、進めていたのですが、建物の最終見積もりまでに色々なことの積み重なりでこのままこの工務店で良いのかという不信感がでてきてしまいました。

それで2点ほど質問です。

1:もし仮契約を解除した場合、工務店での仮契約の100万円は返して頂けないのか。
※建物の最終確認の書類にはサインをしていないです。

2:購入当時、市街化調整区域の土地に建物があり、その建物の立て替えということで申請し、申請がおりました。その後更地にしたのですが、もし工務店を変更した場合、その変更した工務店でも建物を建てることができるのでしょうか。今頼んでいる、申請をだした工務店でしか建物を立てることができないのでしょうか。

本当に落ち込んでいます。
いろんなサイトを見てもピンポイントでわかる記事が無く、恥ずかしながら質問させて頂きました。
どなたかわかる方、詳しい方教えて頂ければ幸いです。
宜しくお願い致します。

補足建築工事請負契約書

1~6 施工内容です。

7、支払方法 ※ここに契約時100万円と記されている。
8、注文者と請負者はお互いに協力【略
9、請負者は工事に支障を及ぼす天候の不良、その他請負者の怠慢にあらざる事由により、工事期間内に完成することが出来ない場合は、延滞なく注文者に理由を申し立て、工事期間の延長を求めることが出来る。
10、請負者は工事物件の引渡迄は、自己の費用で工事【略
11、この契約書を定めていない事項については、必要に応じて双方協議して定めるもの【略
12、(1)地盤調査の結果地盤改良工事が必要な場合は別途注文者の費用負担とする。その場合第1回目の中間金の支払いは、地盤改良工事の着手時期とする。
(2)外講工事及び、オプション工事は別途とする。
(3)本契約は、注文者の意向で契約内容、及び、契約金額の減額をする事が出来ないものとする。
(4)お引渡し後、工期の関係で一部外講工事が残る場合があります。

※入らない為、一部【略 です。

Yahoo!不動産 Yahoo!不動産 教えて! 住まいの先生利用者からの投稿(参考ページ

閲覧数:
99
回答数:
6
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

マエチンさん

2019/8/3008:21:42

1. 全額は戻らないかもです。
仮契約書に違約に関して記載はないですか?
2. 都市計画法の事前審査⇒本審査の過程は
どこまで進みましたか?
建築予定図面とか提出してるはずです。
予定図面と全然違う家を建てるならやり直しかもです。

  • 質問者

    kem********さん

    2019/8/3105:40:27

    コメント有難う御座います。

    全額は無理でも一部でもいいので帰ってきて欲しいのです。
    調査費用や申請費用は差し引いてもらってもいいのですが、その場合はどうなのでしょうか。

    本審査は通過して降りており、建てることが可能な範囲まできております。
    図面はそのままでいいので工務店だけを変えたいのです。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「注文住宅」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ボブの父さん

2019/8/3112:40:38

①、都市計画法の市街化調整区域内では、法律で市街化を制限してい
ます。既存住宅者以外の建て替えに都市計係で承認の建築主名と異な

っていませんか。また、建築確認申請書と確認済証は持っていますか。
支払ったものは、契約金の返却の交渉は弁護士が受けるか次第です。

②、他社依頼でもできるが、貴方様が農林漁業者か都市計画法第34条
と第43条の該当者かが再度の問題となります。先の確認申請取下げに
は、一式返却か工事施工者のみ変更申請でできるが書面はあるかです。

③、建築確認済証も貴方様の名義であれば、解約は工事監理を除く設
計図から確認済証取得までの報酬と土地の選択協力費は支払いが必要
です。地盤改良費は基本設計の段階で調査を怠った両者の責任です。

2019/8/3111:09:14

記載されている文章だけでは、判断つきかねるというのが正解になろうかと思います。

専門家として、記載されている内容に関して、アドバイス申し上げます。

”そのままその工務店で家を建てようということで仮契約し、進めていたのですが、建物の最終見積もりまでに色々なことの積み重なりでこのままこの工務店で良いのかという不信感がでてきてしまいました。”

この文章の中に書かれている文字で”仮契約”という文字が引っかかります。
そもそも、請負契約において仮契約という考え方は存在しておりません。
実際に契約書に仮と書かれているのであれば、何を持って仮としているのかを明確にする必要が出てきます。
また、何故に仮なのかもその意味が重要になってきます。
あくまでも推測ですが、仮と言う名の囲い込み商法になろうかと思います。
一般人は、契約という言葉に対して、縛られるという概念を持っています。
仮とかしらに付くことで、何となくの安心感を覚えさせようとしているように感じます。

実際に全国展開しているハウスメーカーで仮契約書が存在しており、契約を結ぶケースもあります。
しかし、条件付き約束という意味合いが強く、多くのケースは、土地無し顧客の囲い込みになります。
概ね期間を切り、その期間内に話が進まないケースは、全額返金というのがそのような仮契約になろうかと思います。

”不信感”という言葉に目が行きました。
信用・信頼していたにも関わらず、その気持ちを裏切られるような行為が何度も行われた事によって、不信感という感情になったことだと想像できます。
この不信感を払拭できるかどうかの話し合いを工務店と行っていた場合、相談者の気持ちは確定的な事だと判断できますが、双方における勘違いが要因であった場合は、話し合いの席を設けることが寛容かと思います。

さて、質問に対する回答になりますが、

返金に関してですが、契約約款や契約書に記載されている解約事項をまず、確認することです。
もし、ここに何も書かれていないケースでは、全額返金要求を行うことも可能です。
この点において、仮契約という文字が相談者側に優位に働くことになろうかと思います。

請負契約書のケースでは、必ず解約事項が記載されていますので、もし、請負契約を行われている場合は、契約の履行が完了されているかが焦点になります。

請負契約の契約履行完了の確認は、契約書に記載されているお客様側の責務を果たせているかによります。
必ず、契約書には、契約金額と支払い時期が記載されています。
その時期以内で記載されている金額を支払った場合は、契約は履行されたと考えるのが正解になります。

2に関してですが、市街化調整区域に対して建築許可を出したのは市町村になりますので、申請先の工務店が変更になったとしても、同様の手順を行う事で許可を下すことは可能です。しかし、工務店と市町村側に何らかの特別な理由があった場合は、それなりの対処が必要になります。
いずれにしても、一度許可を下したわけですから、許可が下りたことを証明する書面と市町村側の窓口対応をした職員を特定できるようにされておけば、方法はあります。

いずれにしても、このような場で相談されても、その解答に対しての質問が出てきて当たり前です。

真剣に悩んでいるのであれば、躊躇せずに、住宅建築における専門家、住宅コンサルタントなどに直接相談されると良いでしょう。

電話相談であれば、この程度の内容であれば無料対応してくれる場合が大半だと思いますので、ネットで検索されてみると良いでしょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

h20********さん

2019/8/3016:41:37

仮契約の手付金は基本的には返ってきません。
かかった経費が微小で良心があれば返ってくることもあります。

2の相談内容ですが
確認申請書の施工者の欄に工務店名が記載されていると仮定します。
また設計者、監理者欄もです。

設計者以外は変更届がありますので記載して提出すれば問題ありません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

umi********さん

2019/8/3010:45:20

仮契約と言えども契約です。
100万円は返ってこないと思ってください。
工務店はあなたのために、時間を費やしてるのです。
これは仕方がないです。

2の土地はあなたの物なのでしょう。
ですので、違約金として100万払ったならどこでも
建てることはできます。

まずは冷静に。
今の工務店のダメなところを、箇条書きで出しましょう。
それについて工務店と話し合いましょう。
言った言わないにならないためにも、書面でしっかりと
伝えましょう。
それでだめなら、違約金を払ってでも解約という事となります。
違約金は仮契約の100万となるはずです。
仮契約を読みましょう。書いてありますよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

kamapan_2006さん

2019/8/3010:40:30

①違約の内容についての話し合いについては、こちらに助言をもらってください。
https://www.houterasu.or.jp/

②それに関しては、この「市街化調整区域」の土地がある、市区町村役場の中の「農業委員会」に、問い合わせて聞いてみてください。
http://www.maff.go.jp/j/keiei/koukai/iinkai.html


「補足」「返信」があれば「追記」が可能です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる