ここから本文です

小さな輸出の商社をしておりますが、困っています。 主に、中国へ日本製品の販売...

iji********さん

2019/9/517:59:21

小さな輸出の商社をしておりますが、困っています。
主に、中国へ日本製品の販売を行っておりますが、久しぶりに新規のお客様とビジネスが成立致しました。

これまでの商習慣に基づきまして、先方からの発注金額に対して、前金で70%・商品完成後に船積書類を提示し残りの30%の送金を行う条件です。
そろそろ前金70%送金があるので、取引銀行の窓口で入金確認致しましたが入金はまだでした。
しかし、窓口の担当者から口座入金には確認書類が必要との説明を受けました。
確認書類は、インボイス・パッキングリストと船積み書類(B/L)が必要ですとの説明でした。
今回は、前金の70%ですから、完成は2ヶ月程度後の発送でその際に船積み書類(B/L)の提示と成りますと説明しても、すべてが揃って口座入金との説明の繰り返しでした。
前金は保険では無く、工場への製造依頼の前金も含まれます。
銀行法の改正に伴う変更らしいですが、これまでの商習慣はどうなるのでしょうか?
また、中国を含めて海外が欲しがっている商品の大半は、零細企業の地場産地商品です。
その製造の代金ですから、何か方法ないのでしょうか。
取引銀行は地方銀行です。

閲覧数:
21
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

xdjmさん

2019/9/623:20:53

妙な感じですね。
私も同じような仕事をしており、中国からの送金を受けていますが、入金の際に確認書類が必要などと言われたことはありません。地方銀行です。
確かに銀行法の改正で、海外との資金のやり取りの管理が厳しくなったので、銀行によっては、厳格に上からの通達を守ろうとして必要以上に神経質になっているのかもしれません。

前金なのでB/Lの提示は無理ですよね。
インボイスやパッキングリストは、船積みの日程や船名抜きで、とりあえず作成してみたらどうでしょうか。そうすれば足りないのはB/Lのみということになります。

本来は、「経済制裁の対象でないことやマネー・ローンダリング上の懸念のないことを確認するため、お取引の内容を確認できる資料等のご提示をお願いすることがあります。」という決まりなので、必ずしもインボイス、パッキングリスト、B/Lのセットでなくてもいいはずです。
銀行の担当者がそう言い張るのはちょっと妙な感じがします。

要は、送金されたお金が貿易上の正当な送金であることが証明されればいいはずですから、中国からの注文書や取引内容を確認できるメールのやり取りなどの資料、他に、例えば、製造工場との契約書や注文書などを揃えて、銀行と交渉してみたらいかがでしょうか?

その他の手として、商工会議所の会員であったり、業界組合に所属しているなら、相談してみるといいかもしれません。あと、JETROはどうでしょう?
日本製品の輸出を後押ししている組織に相談すると、いい知恵を貸してくれるかも。

質問した人からのコメント

2019/9/11 05:20:25

ありがとうございます。
JETROさんに相談し、その内容を含めましてすべての書類を準備して再交渉の結果、何とか入金が可能との連絡がありました。
但し、今回は特例ででした。
まずは、何とか成りました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hirxxxxxohsさん

2019/9/518:54:34

銀行は、一般的な当たり前の事を言っているにすぎません。
それが銀行法の改正なのかどうか、は私はわかりませんが。
通常考えると、お金のやり取りは等価交換ですので、それに見合うモノの引き渡し/受け取りが必要で、銀行としては一般的アドバイスとして、エビデンスが必要、そうでなければ相手も支払う事はできませんよ、との話をされたのでは、と思います。
エビデンスなく入金がされれば、それはそれで問題はありません。

銀行が絡む話であれば、三者で話し合い折り合いをつければいいと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる