ここから本文です

三色同刻は9通りあって大三元は1通りしかないので、大三元の方が難しそうですが ...

wjg********さん

2019/9/708:26:00

三色同刻は9通りあって大三元は1通りしかないので、大三元の方が難しそうですが
でも、実際大三元の方が遥かに出現率高くないですか?

閲覧数:
165
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

ともへいさん

2019/9/715:50:09

大三元は、役牌や小三元で潰しが効きますし、得点が高いので狙う人が多いですが、
三色同刻は、潰しが効きにくく、1や2、8や9じゃないと相手に使われやすく出てき難いし、鳴いて動きにくい上に2翻役なのでで対々和やドラなどが絡まないと安い事が多いから狙わない事が多いからでしょう!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

reb********さん

2019/9/1312:34:42

それは無いですね

2019/9/1308:01:56

2翻と役満では狙うモチベーションが違いすぎます。

nis********さん

2019/9/713:30:03

確かに、自分自身の経験からみても、大三元の上がりの方が三色同刻の上がりより多いと思います。(大三元は2~30回上がってますが、三色同刻は10回もない)

なぜかと言えば、白発中が2枚ずつあれば、ほとんどの人が三元役を狙うでしょう。そこから白を2枚捨てるという選択肢は、終盤のおり以外ではありえないでしょうから。つまり選択肢が他にはないのです。

けれど、5萬5索5筒が2枚ずつあっても、三色同刻に向かうとは限りません。むしろ、46がくっついていれば、横面子として利用することの方が多いと思います。556と持っているところへ4を持ってきたら、やはり456で使うことが多いでしょう。46と切り落として、あくまで5の暗刻を狙うにはリスクがありすぎます。

だから、55と持っていても、そこへもう1枚5を持ってくるより、46がくっついてしまうことの方が多く、それによる形の変化という選択肢がたくさんあるため、三色同刻の方ができにくいと思います。

2019/9/712:56:10

・三色同刻を狙って作ることが少ない。
・数牌は他家の手の内で使われてしまって場に出てこない。

と考えます。

プロフィール画像

カテゴリマスター

ID非公開さん

編集あり2019/9/708:59:29

そんなことはない。
http://xn--xxt920hrkhq4h.com/yaku/y99.html
のサイトによると、三色同刻0.05%、大三元0.039%になっている。

また、リアル四麻での個人的経験(自身+同卓者)でも、大三元より三色同刻和了回数の方が多い。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる