ここから本文です

安いブランドが高級ブランドを目指すのは、なぜですか?

fas********さん

2019/9/715:37:26

安いブランドが高級ブランドを目指すのは、なぜですか?

吉野家、鳥貴族、いきなりステーキ、ユニクロ、マクドナルドとかです。

はじめは、知名度が低くて全国出店の過程では、「安い!」が売りだったと思います。
全国出店してもしばらくは、業界内では安いというポジションだったかと。。。

それでも、アルバイト社員はどんどん入っていて、どんどん安いものを売れていて、きれいに生産と消費のバランスはできていたのに、オリジナル高級ブランドを作り出しますよね?

それも、一品とかではなくて、どんどん増えていつの間にか、ほとんどが普通より高いブランドになっているような。。。

なぜ、安いブランドで日本一の状態から、高級化を目指してしまうのでしょうか?

閲覧数:
25
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

art********さん

2019/9/900:12:06

吉野家ですが、2018年決算で売り上げが198,503百万あるのに利益が1,491百万しかありません。これは利益率が1%も無いことを示しています。企業というのは調子の良い時もあれば悪い時もあります。そのためにある程度の現金(預金)が必要となります。利益が15億近くあれば大丈夫というのは庶民の感覚で吉野家ぐらい大きい会社だと湯水のように経費が掛かり、お金が流れていきます。どの規模でお金が減っていくかと言うと、大塚家具は一年で70億資産が減少しました。吉野家は現状だと総資産が1000億以上あるので大丈夫ですが、ここ数年では総資産が増えていない状況です。やはり、牛丼は安くて旨いが当たり前になり、価格競争もあり価格を上げられないのでその結果利益率も上げられていません。そのため少しでも利益率を上げるために、現状の牛丼以外の利益率を上げられる商品を模索しているのだと思います。取り上げられた他のブランドも薄利多売で競争が厳しいため、少しでも利益率を上げるために低価格帯を残しつつも、高価格帯への方針転換も含めて模索しているのだと思います。

質問した人からのコメント

2019/9/13 22:05:52

arigatougozaimasu

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

us_********さん

2019/9/910:58:41

先ず利益率が違うって事。
100円の物10個売るより 1000円の物1個売った方が製造単価や
販売費用等が少なくて済む・・どう考えても10倍の手間隙は掛からん?

それと安いブランドを利用する・・安物買い→貧乏人・・っとは思わんが
イメージ戦略としては底辺の客層ってイメージは払拭し切れない???

人間心理として他のとの差別化を 自ら望むのが人間の性?
人間の持つ 虚栄心とかを上手に操る販売戦略を持って居るんです 敵はw

din********さん

2019/9/803:14:02

消費者の幅を増やすためではないでしょうか。オリジナル高級ブランドといってもその店では高い部類かもしれませんが一般的に見たら安い部類になるので見方によって捉え方が変わってくるかと思います。ユニクロの商品の中でカシミヤを使った商品は高い部類かもしれませんが他ブランドに比べたらかなり安くなってます。そういう事です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる