ここから本文です

ヴィヴァルディのリュート協奏曲ってリュートの合奏でしょうか 私が初めて聴い...

中川岳志さん

2019/9/914:07:41

ヴィヴァルディのリュート協奏曲ってリュートの合奏でしょうか

私が初めて聴いたのは、
ギターのソロにオーケストラのものだったのですが、
今そのスタイルで演奏されることはないのでしょうか。

補足ご回答ありがとうございました。

私が最初に聴いたのは以下のCDでした。

https://music.apple.com/jp/album/rodrigo-concierto-de-aranjuez-viva...

閲覧数:
30
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

orp********さん

2019/9/919:36:01

>リュートの合奏
違います。
ヴィヴァルディはバロック時代の作曲家で、この時代の協奏曲は、
「独奏楽器」と「オーケストラ」と「通奏低音」
が対等に演奏するものです。

モダンオーケストラで演奏される場合は、sen********さんの想像するようなオーケストラがバックにつくわけですが、本来のリュート協奏曲の「オーケストラ」はヴァイオリン2人だけです。

オリジナル編成
--------------------------
独奏
リュート 1人

オーケストラ
第1ヴァイオリン 1人(もしくは数人)
第2ヴァイオリン 1人(もしくは数人)

通奏低音
チェロ、ヴィオローネ、チェンバロ等 任意で各一人ずつ
--------------------------

という、こじんまりした編成です。

こちらがオリジナル編成。
https://www.youtube.com/watch?v=XIH8XoYyUtk

>今そのスタイルで演奏されることはないのでしょうか。
今は編曲されていろんな編成で演奏されます。

  • orp********さん

    2019/9/1416:02:40

    バロック時代と現在では、楽器、楽譜の読み方、演奏方法などが違いますので、バロック時代の曲を演奏する場合は、

    ・バロック時代の楽器や演奏方法で演奏する(古楽)
    ・現代の楽器を使って現代の演奏法で演奏する(モダン)

    の2タイプに大きく分けられます。補足で添付された演奏は後者、私が添付したのは前者です。

    一方、「リュートの合奏」というのは、オリジナルとは大きくかけ離れており、どちらかといえば後者です。それを聞きたいという需要はあまり無いでしょう。したがって、もしそういう編曲があったとしても、アマチュアのリュート愛好団体が「お遊び」で演奏するくらいしか無いでしょうし、当然CDも発売されないと思います。リュート愛好家は、当時の音楽に浸りたいからリュートを弾くのであって、そのような「編曲もの」は好みません。

  • その他の返信(3件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

llv********さん

2019/9/914:54:46

ヴィヴァルディのリュート協奏曲は、たとえば
リュート(ひとり)、バイオリン(2人または2群)通奏低音(チェンバロ)です。
そういう演奏形態です。
なんか、少ないですけど、当時はこんなものです。

ヴィヴァルディのリュート協奏曲は、たとえば...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

さん

2019/9/914:11:07

〇〇協奏曲って普通は〇〇の合奏ではなく、オーケストラをバックに〇〇を独奏するもんじゃないかな。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる