ここから本文です

回答受付終了まであとわずか 回答を投稿すると知恵コイン15枚が追加されます

平成20年度 問題27 行政書士試験 肢アですが、色々なサイトや解説書をみてもいまい...

ビッグマシーンさん

2019/9/1017:43:17

平成20年度 問題27 行政書士試験 肢アですが、色々なサイトや解説書をみてもいまいちわからないのですが、答えは「妥当」ということですが、どうしてCは、善意なのにA、

B間の売買が無効を主張出来るのでしょうか?善意ということは仮装売買ということに対して善意なのだと思うのですが、もしかしたら事後に(Bから買った後で)わかったってことですか?

そもそも仮装売買とはどういう状態の事を言うのでしょうか?この場合甲土地は登記の上でもBのモノになった状態なのですか?(Aとの仮装にて)それをBがCに売ったですと言うことですよね。

この辺分かりやすく教えていただけないでしょうか。お願いいたします。

閲覧数:
81
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

Yahoo!しごと検索で探してみよう

行政書士 の求人情報(3,120件)

見習いから始める行政書士
  • 株式会社 山陽設計
  • 正社員
  • 年収300万円〜600万円
  • 岡山県岡山市中区清水
e仕事のサンテク
事務 事務経験者優遇 未経験者歓迎 恵比寿の駅近オフィス ...
  • 上川行政書士事務所
  • パート・アルバイト
  • 時給1,400円〜1,600円
  • 東京都渋谷区・その他の勤務地(1)
マイナビバイト
行政書士法人6ヶ月後に正社員年収330-430万未経験OK オフ...
  • パーソル パナソニック HRパートナーズ(株)
  • 派遣
  • 時給1,700円〜
  • 東京都品川区
ジョブチェキ!
【行政書士(新設)】<東京勤務> 注目される日系企業の...
  • AGS JOINT STOCK COMPANY
  • 正社員
  • 非掲載
  • 東京都千代田区神田錦町・その他の勤務地(1)
キャリトレ
一般事務/主婦歓迎/週3日~/09:00~18:00など/30代活躍中/パ...
  • 谷島行政書士事務所
  • パート・アルバイト
  • 時給1,000円〜1,800円
  • 東京都港区六本木
しゅふJOB
士業アシスタント
  • 株式会社MSC
  • 正社員
  • 非掲載
  • 大阪府大阪市北区
イーキャリアFA
実務経験ができます!経験者には、更なるステップアップが...
  • 飛鳥行政書士法務事務所
  • パート・アルバイト
  • 非掲載
  • 愛知県名古屋市西区那古野
飛鳥行政書士法務事務所
【一般事務】 【土日祝休み】事務のスペシャリストを目指...
  • ネクサス行政書士法人
  • パート・アルバイト
  • 時給1,000円〜
  • 神奈川県横浜市都筑区
an(アン)
行政書士業務
  • 株式会社リーフラント 新潟オフィス
  • パート・アルバイト
  • 月給29.1万円〜41.6万円
  • 千葉県船橋市
求人アスコム
一般事務/即日就業開始 西武新宿駅
  • ヒューマンリソシア
  • 派遣
  • 時給1,400円〜
  • 東京都新宿区
ヒューマンリソシア

もっと見る >>

回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nou********さん

2019/9/1220:42:58

これまでの回答をふまえて、もうすこし、丁寧にみていきます。



>>そもそも仮装売買とはどういう状態の事を言うのでしょうか?この場合甲土地は登記の上でもBのモノになった状態なのですか?(Aとの仮装にて)それをBがCに売ったですと言うことですよね。

まず、一般的に、「仮装売買」にはいろんな具体例があるでしょう。動産、不動産、契約書があるもの、ないもの、いろいろです。いろんな具体例はあるものの、すべてに共通するのは94条1項の「相手方と通じてなした虚偽の意思表示」です。

ここで、意思表示は、一般的には口約束でもよいことを思い出してください。仮装という以上、その「装い」を強力にするために、もっともらしく実印を押したウソの契約書を作ったり、動産であれば現実の引渡しをして占有をBの倉庫に移転したり、不動産であればウソの登記申請をしてウソのB名義にするかもしれません。

ですが、「仮装売買」の核心は、口頭でも文書でもとにかく、「売ろう、買おう」という虚偽の意思表示を、相手方と通じてしている点にあります。ですから、あなたの言うとおり、「登記の上でもBのモノになった状態」かもしれませんし、登記まではしていなくA名義のままかもしれません。

Cは善意ですから、B名義の登記があればそれもB所有権を信じる強力な材料であったでしょうし、仮に登記はA名義のままでも、ウソのAB売買契約書を見せられたり、巧みなBの言動や、あるいは問題文の設定を変えてBだけでなくAまでCにウソをついていたような場合、やはりBに所有権があると信じることはあると思います。

ですから、登記がBでもAでも、Cは94条2項の「第三者」になりえます。

ここまでのまとめ

登記は、通謀虚偽表示そのものの成立とは、直接には関係がない。


>>善意ということは仮装売買ということに対して善意なのだと思うのですが、もしかしたら事後に(Bから買った後で)わかったってことですか?

そのとおりです。善意の判断基準時は、法律上利害関係を有するに至った時点です。この事例では、BC間の売買契約時です。ですから、このとき知らなかったCは善意であり、その後に知ることになっても「善意の第三者」のままです。BC売買契約を保護するためですから、善意の判断時は、その一時点なのです。



>>どうしてCは、善意なのにA、B間の売買が無効を主張出来るのでしょうか?

94条2項は「・・・無効は、善意の第三者に対抗することができない」としています。「・・・無効は、善意の第三者がいる場合には、有効となる」ではありません。

「対抗できない」とは、「競い合った場合には負ける」「相手が争う場合には(無効という主張を)貫徹できない」という法律の世界の独特の表現であり、相手が争わずにそれを認めてくれる場合には、こちらの主張を通すことができます。

つまり、Cとしては、争って「無効を貫徹できない状態」つまりAB売買を有効として扱うことを望んでもいいし、反対に、争わないでAB無効を前提にすることもできます。AB無効を選択すれば、BがCに所有権を移転することは履行不能になるので、法的構成はいくつかありえるにせよ問題文の表現を借りれば、BC売買契約も「解消することができ」ます。

なお、問題文とは反対に、CがAB有効として扱うことを選択すれば、BC間の契約で、結局のところ、Cは甲土地の所有権を取得したことになります。Bに登記があれば、Cは、Bに移転登記を請求できますし、A登記名義のままでCが善意の第三者として保護される場合には、Cは、BのAに対する移転登記請求権も併せて行使できます。改正民法423条の7ですね^^こうして、Cは登記名義人になることができます。

  • nou********さん

    2019/9/1316:10:52

    >>「所有権が変動しない」とは誰が決めつけれるのですか?「実体と合致しない登記がある状態になるだけです。」これもどうやったら証明できるのでしょうか

     これは、裁判所がきめる事柄です。私は、例として、問題文と異なり、AもBも、Cにウソをついていた場合の事例も挙げましたが、これなど、事実認定においては、むしろそれらの事実(AもBも当時、契約があることをCに述べていた事実)から、所有権を移転する契約が本当にAB間にあったのだ(通謀虚偽表示ではなく)と認定されるかもしれません。

     問題文柱書きの事例では、(あたかもすべての真実を知っている神様のように)「仮装売買した」となっていますが、実際の裁判の場では、「Aは仮装であることを主張している」、「Bは自分が所有権者としてCに土地所有権を譲渡した」、「Cは当然にBを所有権者と信じていた」、(問題文にないけど登記がどうなっているか)、これらの事実しかありません。

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

izz********さん

編集あり2019/9/1114:15:14

深く考え過ぎですね。
そもそも仮装売買は初めから無効ですので
基本Bに権利は移転しません。
でもそれでは善意のCが可愛そうだから
仮装売買について善意のCを助けようと
と趣旨です。
善意のCは土地は私の物だと主張できるし、

この問題の様に そもそも仮装売買だから
AB間の取り引きは無効じゃないの?って主張する事もできます。

この問題だと 買ったあとから 仮装売買って気づいたで良いでしょう

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kit********さん

2019/9/1021:30:26

14y***さんの仮装譲渡の例は少しおかしいです。

「A所有の土地を、Bと通謀してBに譲渡したことにして、B名義の登記をした。」という事例でも、仮装譲渡の例となりますよ。B名義の登記の有無は、仮装譲渡かどうかのメルクマールにはなりません。

「A名義の場合を仮装譲渡といい、B名義になっていれば仮装譲渡にならないというのであれば、Bが第三者Cに当該不動産を譲渡した」場合の処理はどうなりますか?
民法94条2項の第三者の信頼対象は何ですか?
Bが所有権者らしき外観を有することではないでしょうか?
ここで、Bが所有者らしき外観とは何ですか?
「Bが登記を具備していること」ではないでしょうか?
「登記には公示力しかなく公信力はない。」という命題からすれば、この場合登記に公信力を付与することになるという批判が、かってあったと思います。表見法理とはそういうものなんですけれど。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

tfk********さん

2019/9/1020:07:40

善意者のCには2つの選択肢があります。

1つは、94条2項の第三者に該当するとして、AB間の売買は有効であると主張する。
1つは、AB間の売買は通謀虚偽表示で無効でBは無権利者であると主張し、Bに対し他人物売買の責任(や理論的には一般の債務不履行責任)を追求する。

94条2項はCを保護する規定で、Bの責任を免れさせる規定ではないので、2つ目も可能と解釈されています。

仮装売買では登記がAにある場合もあれば、Bにある場合もあります。
なお仮装売買で登記をBに移転したところで所有権は変動しません。
所有者はAのままで、Bは無権利者だけど実体と合致しない登記がある状態になるだけです。

  • 質問者

    ビッグマシーンさん

    2019/9/1020:57:44

    [なお仮装売買で登記をBに移転したところで所有権は変動しません。
    所有者はAのままで、Bは無権利者だけど実体と合致しない登記がある状態になるだけです。]

    ありがとうございます。

    上記の部分は、どう解釈すれば良いのでしょうか。仮装売買の証拠なりを持った上でのことですよね。「所有権が変動しない」とは誰が決めつけれるのですか?「実体と合致しない登記がある状態になるだけです。」これもどうやったら証明できるのでしょうか(Cの立場からだと思いますが)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

l4y********さん

2019/9/1018:08:14

Aが自己の所有する甲土地をBと通謀してBに売却(仮装売買)した場合に関する次のア~オの記述のうち、民法の規定および判例に照らし、妥当でないものの組合せはどれか。

ア.Bが甲土地をAに無断でCに転売した場合に、善意のCは、A・B間の売買の無効を主張して、B・C間の売買を解消することができる。

これですが、この土地はまだAのもので、 CはBから買ったので、CはB名義の土地からCへ所有権移転するものだと善意なので思ってます。 が土地の名義はAなので、Cは所有権を移転させて貰えません。 買ったのに貰えないのだから無効にしてくれ と頼むのは普通だと思いませんか?
悪意、CはAのものだと知っていたなら、Bのものじゃないと知っていてBから買ったんだから貰えなくても知らんがな 無効主張できない ですよね

仮想譲渡とは、A B二人で口裏を合わせてBに売ったからBのものだ と言って信じ込ませるような感じです。 登記簿はAのままです。
登記簿がBに書き換わってたら問題にならないです。実際に所有権が移っているから。不動産は登記が公示方法で第三者対抗だからです。

  • 質問者

    ビッグマシーンさん

    2019/9/1018:24:30

    ありがとうございます。大体わかりました。ということは、仮装売買として無効を主張して解消できるのか、他人物売買を主張して解消できるのか、どちらでも出来るのかどうなんでしょうか?

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる