ここから本文です

投票受付終了まであと7日 ベストアンサーにふさわしい回答に投票してください

投票すると知恵コイン5枚プラスされます。

少なくとも10年以上前に読んだ推理小説のタイトル。 タイトルも作者も思い出...

pet********さん

2019/9/1301:17:12

少なくとも10年以上前に読んだ推理小説のタイトル。

タイトルも作者も思い出せずにモヤモヤしてます。

内容もごく一部しか記憶にありませんが、お心当たりのあるかたがいらっしゃれば情

報お願いします。

犯人は男。探偵役もたぶんですが男だったと思います。

犯人は、自分も被害者だと思わせるために、自分の腕(たぶんだけど脚ではなく腕だったと思う)を切断。一命はとりとめ。切断された腕は犯人に持ち去られたようで全く発見されない。
最後には探偵役に真犯人であることがバレて指摘される。

「罪から逃れるためとはいえ自分の腕を切断するなんてことできると思いますか?切断した腕をそんな状態になってどうやってどこへ隠したか遺棄したというのですか?」というようなことをいう犯人(この人、たしか病弱かなにかというような設定で自力で自由に活発に行動することはできないか難しい人だった気がする)に対して、探偵役は「ふつうそんなことさすがに難しいでしょうね。でもあなたは、実はそもそも義手(もしかしたら義足だったかも?)だった。そのことをずっとうまく隠してきていた。あらかじめ義手を外し、外した義手を始末しておいてから、生身の欠損部の先端数センチのところを削ぎ切って、あたかもそこにあった腕が切り落とされたように見せたのです。」と、まるっとそこにあった腕を肘だかなんだかそのへんからバッサリ一本切断し、そんな大怪我状態になってから速やかに巧妙に隠蔽工作するのは無理があるとしても、そもそもそのあたりから欠損していた腕の先端部だけをいくらか切るというなら話しは違うのでは?というようなことを言っていました。

こんな話しにお心当たりのあるかたいらっしゃいませんでしょうか???
よろしくお願いします。

閲覧数:
45
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

drq********さん

2019/9/1723:45:07

自分も記憶があいまいな上に、本が手元にないので全然違うかもしれませんが…

蝦蟇倉市事件2(文庫では街角で謎が待っているに改題)に収録されている、秋月涼介の「消えた左腕事件」は違いますかね…?

美術館で片腕が切断された男が見つかる、監視カメラを調べたけど、館内の誰も何も持っておらず左腕も見つからなくて…みたいな話だったと思うのですが…。

あやふやな情報ですみません。

hayzimonalfaさん

2019/9/1519:34:07

エド・マクベインの87分署「大いなる手がかり」ではないかと思います

  • 質問者

    pet********さん

    2019/9/1721:42:06

    探していたものとは違いますが、ご回答いただきありがとうございます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

都会球さん

2019/9/1308:21:18

書店の店員に聞いてみては如何でしょうか?
御検討を宜しく御願い致します。

  • 質問者

    pet********さん

    2019/9/1721:42:53

    それも検討してみます。ご回答ありがとうございます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる