ここから本文です

高校 化学 気体は理想気体としてふるまい、気体定数はR=8.3×10^3Pa・L/(mol・K)と...

@さん

2019/9/2201:00:03

高校 化学

気体は理想気体としてふるまい、気体定数はR=8.3×10^3Pa・L/(mol・K)とする。また、液体の体積は気体の体積と比べて無視できるものとし、気体の液体への溶解はないものとする。

体積を変えられる密閉容

器に窒素とエタノールをそれぞれある物質量入れ、容器の体積を1.0Lに固定して、温度を80℃にした。次に、容器全体をゆっくり冷却し、容器内の圧力を測定した。次に、この容器を真空にし、窒素0.050 molとエタノール0.050 molを封入した。その後、温度を70℃に保ちながら、図に示すように体積を4.0L(図のA点)から1.0L(図のC点)までゆっくり変化させ、容器内の圧力を測定したところ、圧力を示す曲線に屈曲点(図のB点)が観測された。

問1、圧力を示す曲線に屈曲点(図のB点)が観測された理由を20字以内で説明せよ。
問2、圧力を示す曲線の屈曲点(図のB点)でのエタノールの分圧および容器内の全圧PBを求めよ。
問3、体積4.0 Lのときの容器内の全圧PAおよび1.0Lのときの容器内の全圧Pcをそれぞれ求めよ。

解説をお願いします。

体積,気体,エタノール0.050 mol,屈曲点,窒素0.050 mol,飽和蒸気圧,エタノール

閲覧数:
48
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ktn********さん

2019/9/2209:45:50

エタノールの 70℃の飽和蒸気圧が必要です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる