ここから本文です

①人間の声にはいろいろな種類があって多種多様です。魅力的な声から魅力的ではない...

tio********さん

2019/9/2217:00:03

①人間の声にはいろいろな種類があって多種多様です。魅力的な声から魅力的ではない声までさまざまです。これを人工的に作り出す事はできないものなんでしょうか?多くの人を惹きつける声音を人工的に発明することはで

きないですか?薬師丸ひろ子の声は、もし彼女がこの世に存在していなければ人類は一生聞くことができなかったのでしょうか。

②人間の声の調子と人の性格はリンクしているように思いますが、目は口ほどにものを言うでは無いですが、声は雄弁と言う見方もできると思います。人の性格と声帯の形はリンクしているものですか?

③声帯がこんな形ではこんな声になる、このように変化すればこのようにさらに変化するといった関連付けはできておりますか?

閲覧数:
31
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

m_o********さん

2019/9/2303:51:02

①:
音声の特徴は、声道の形に依って決まり、声道の形は周りの骨格や筋肉の緊張の仕方に依って変わります。

声道とは、通常声門から外部に到る部分を言いますが、気管や肺、胸郭部に於ける共振の存在を考慮すれば、広義では呼吸器と其の周囲組織全ても含まれます。

故に、

>薬師丸ひろ子の声は、もし彼女がこの世に存在していなければ人類は一生聞くことができなかったのでしょうか。

或る特定時点に於ける彼女の声は、他の時点に於ける本人自身にも、完全に再現する事は出来ないでしょう。


②:
音声と性格の間に際立った相関性は認められないものの、音声と感情については強い相関性が認められます。

声帯・声門の形を解剖学的に見る限り、個体差は余りにも大きく、性格との相関を論じられる状態ではありません。
又、声門が大きければ基音が低く、小さければ基音が高くなるだけです。


③:
声門で発するのは、ブザーの様な雑音めいた音に過ぎません。
形に依って決まるのは、音の高低のみであり、音色自体は殆んど変化しません。

音色を変化させるのは声道であり、声帯は関与していません。


以下の情報は参考になる筈です…参照してみて下さい。

Wikipedia:音声符号化
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%B3%E5%A3%B0%E7%AC%A6%E5%8F%B...

Wikipedia:線形予測符号
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%9A%E5%BD%A2%E4%BA%88%E6%B8%A...

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる