ここから本文です

高校2年生です。 本気で海外(英語圏)で生活をしたいのですが、どんな仕事が海外企...

ゴンちゃんさん

2019/9/1614:51:23

高校2年生です。
本気で海外(英語圏)で生活をしたいのですが、どんな仕事が海外企業などから求められるのでしょうか?
また、海外在住の方はどういう経緯で、そこに住むことになったのかを教

えて頂きたいです。

ワーホリは、人生を棒に振るようなものと言われましたので、今のところ考えていません。


どんな些細なことでも構いませんので、教えていただけると幸いです。
たくさんの回答をお待ちしております!

閲覧数:
57
回答数:
4
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2019/9/1615:16:13

一番求められるのはやはり技術職でしょうね。
それも4大の理工学部卒とか技術系の専門職の実務経験が10年くらいはある高度な専門知識や経験を持った技術職です。
私も三年ほど前まで中国の上海で自動車関係の開発の仕事をしてました。
上海に行った理由はやはり上海の子会社に開発に必要な専門知識を持った中国人の技術者がいないと言う理由でです。

それ以前にもアメリカで2年ほど仕事をしていた経験もあり、仕事上のやり取りが英語でできる、と言う理由もありましたが。
日本語の解る中国人は少ないですが、英語が解る中国人は結構いますので。
と言っても中国人でも英語が解るのは殆どが大卒ですけどね。

ワーホリが人生棒に振ると言われるのは、あくまでも日本で就職を考えている場合です。
そして同じワーホリへ行くのでもちゃんとしっかりと目的や目標を持って、その目的や目標を達成する手段で行く分には無駄にはならないと思います。
人生棒に振るのはこういった具体的な目的も目標も持たない人が、ただ何となく行って、現地でも適当にバイトして適当に遊んでいたら1年経っちゃった。というような人だと、日本に帰ってきて就職活動してもいい評価はされないので、いい仕事には就けないよ。という意味です。

  • 質問者

    ゴンちゃんさん

    2019/9/1616:53:14

    実際の経験を織り交ぜながらの説明で、ものすごく勉強になりました!
    やはり資格職であるという条件はクリアせねばなりませんね。
    丁寧に教えていただきありがとうございます。

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

col********さん

2019/9/1621:55:33

今のアメリカではどの分野にしても普通のアメリカ人が持っていない資格とかがないと無理です。何かの分野で博士号でも持って老いれば可能性はあります。私は昔ですが高校からアメリカ留学で。大学出たあとちょうど私の専門分野で人手が足りない時期だったので運良く就職出来、永住権も得られました。私の甥は東大出たあとアメリカの大学で博士号とって今はアイビー大で教えています。20年くらい前までは寿司職人などはビザとれましたが今はそれも困難なようです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

mat********さん

2019/9/1616:41:30

1.企業ではなく、相手の国の事情がものをいいます。例えば米国。この国は人口が軽く3億を超え、経済大国でもあり、大学の数も多く、自国で養成できない職種は殆どありません。だから必要としているのは、普通のアメリカ人よりずっと優秀な人材、例えば大学院を修了して博士号を持っていて研究実績のある人(分野は問われません)、既に実績を上げている技術者などか、自国では養成しづらい職種(だからかっては寿司職人は現地の企業に雇われて店長になれた)です。

これが私が住んでいるオーストラリアになると全く変わってきます。この国は人口は国土に比べてまだまだ少ないので基本的には移民は歓迎、大学の数も少ないので養成するのに時間がかかる医師や獣医師、人口が増えると仕事も自動的に増える看護師、建築関係の職種、長い経験がないとなれないシェフや店長クラスなどは大歓迎。一方で大学さえ出ていればそれでいい事務系の仕事や、学士号を求めない販売職などは既にここに住んでいる人と、受け入れざるを得ない種類の移民(難民や、家族関係で来る人たち)のためにあけておく必要があるので一切受け入れないと決め、ちゃんとどの職ならどんなビザを取れるかを公表します。米国とは違いどれだけ優秀でもリストにない職ではビザ申請ができません。ニュージーランドやアイルランドもこの方式ですね。リストは国の状況が変われば改訂されます。今まであった職が消えたり、3年前に消えた職業が復活したり、取れるビザの種類が変わったり。

経済成長が著しいがまだ開発途上で貧富の差が大きいために大卒者が少ないマレーシアやタイなどは大学卒業間もない外国人でも雇用主がいればビザがとれる。

2.国によってかなりの差がありますが、現時点では多くの国でビザや労働許可が取れるのはIT系のエンジニア、医師や医学の研究者、化学や生物工学の専門家などです。

3.日本には大学卒業予定者を対象として殆どの企業が参加する「新卒一斉採用」という制度がありますね。リクルートスーツなるお揃いの服を着て会社訪問をし、一斉に採用試験を受けて内定をもらう、というやつです。ですが海外では一般的にそんなものはありません。企業は即戦力しか採用しないところが多く、大学時代にインターンやアルバイト、ボランティアなどを駆使して経験を積み、コネを作った人が採用されます。ビザを取れるのも殆どの国で「充分な実務経験がある」人だけ。例えばオーストラリアなら2年以上その職種で働いた経験がなければなりません。また、「職種と密接な関係がある専攻で学んだ」ことも大切。日本みたいに、工学部で機械工学を学んだのに、証券会社の総合職に応募する、なんてことは基本的にありません。求人の段階で「マーケティングで学士号を取った」などが条件に入ることが殆どですから。

4.「ワーホリは、人生を棒に振るようなものと言われました」とはまた。オーストラリアやニュージーランド、ワーホリではないが英国のYMSなどは賢く使えば海外就職の強い武器になるんですよ。日本で就職を考えると、大学休学でのワーホリなんかはそうみたいですが。

5.我が家は連れ合いが日本の会社で昇進はしたけど、おかげでしたくもない仕事も増えてちょっとなぁ、と思っているところにオーストラリアの会社からお誘いがありましたので割とあっさりと転職を決めてしまいました。まぁ子も放っておいてもいい年齢になったし、ちょっと行ってみますか、で来てしまいましたね。来てみるといいところなのでそのままいつきました。

本気で海外で仕事をしたいなら、企業ではなくて相手の国がどういう人材にならビザを出してくれるかをきっちり調べて、専攻選びからしないと旨くはいきません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ley********さん

2019/9/1615:20:45

簡単なのは海外展開している日本企業に勤めてそのなかで業績をあげ、英語圏の支店に出張すること。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる