ここから本文です

関西在住です。 関西で、注文住宅を建てようと思い、色んなハウスメーカーを回っ...

hrr********さん

2019/9/1915:35:10

関西在住です。
関西で、注文住宅を建てようと思い、色んなハウスメーカーを回っています。

吹き抜けにしたいのですが、吹き抜けのおうちに住んでいる友達から、夏はかなり暑く絶対にやめた

方がいいと言われました。
一方で吹き抜けのおうちに住んでいる別のお友達は高気密、高断熱がウリのハウスメーカーで建てたそうで全く暑くないと言っておりました。

高気密、高断熱は一条工務店さんが強いと聞きましたが、検討中の土地が関西住宅販売という関西にしかないハウスメーカーです。
パンフレットには高気密、高断熱と記載があり、数値もとても良かったのですが、実際のところはどうなのだろうと思いこちらに質問しました。
どなたか関西住宅販売で建てた方実際の住んでみた感想をいただけますでしょうか?
関西地区だけなのでかなり限定されますが、、、

閲覧数:
66
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

egp********さん

2019/9/2012:50:44

吹き抜けありの家を昨年建てました。

吹き抜けがあるから暑い?どこの部分があついのでしょうか??
夏場は、暖かい空気は上に行きますので2階は暑くなります。吹き抜けありなし関係なく2階は暑くなります。
夏よりも冬の方が問題だと思いますよ。暖かい空気が2階へ逃げてしまい1階が寒いということにないます。この現象は低気密だとなります。

我が家はまさかのタマホームですが、冬1階2階温度差1度以内です。タマホームが高気密だとは思いませんが、思いのほか冬暖かいです。本当に不思議です。

気密とは関係ないですが断熱材は壁天井グラスウール、壁105mm天井300~400mm。

  • 質問者

    hrr********さん

    2019/9/2522:37:49

    参考になりました。ありがとうございます

    タマホームさんは資料も見たことがないので一度確認してみます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/9/2119:09:58

我が家を建築する際に、僕が失敗した経験を基に「間取り・資金計画・土地探し」で失敗しない方法をまとめましたので、よろしければ参照ください。

『間取り・資金計画・土地探しで失敗しない理想の家づくりをする方法』
https://think-prosupport.com/risounomadori/

また、セキスイハイムの展示場で吹き抜けのある家に行きましたが、高気密のため暑くありませんでしたよ。

『セキスイハイムから1100万円の限界値引きに成功した価格交渉方法と坪単価』
https://think-prosupport.com/sekisuiheim-nebiki/

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

pit********さん

2019/9/1923:24:02

関西住みです。おっしゃる通り、吹き抜けは評判悪いです。うちは違いますが、周りで聞きますよ。女の人は特に寒さ暑さに弱いのか、ママ友さんの愚痴でよく聞きます。

あと悪評なのはトップライト、天窓です。黒く塗りつぶしたり、遮熱シート貼ってる家が多いです。

関西に限らず近年の夏の長さ、暑さは半端無いですから。太陽をなめないようにした方が良いですね。あと台風と。。。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

kamapan_2006さん

2019/9/1922:53:22

①「建築条件付きの土地(土地を売ってあげる交換条件として、建物は我社以外で建てる事は出来ませんよ!)」の場合だと、あなたが期待する様な手間の掛かる「本物の高断熱の家」は建てない可能性が高いので、「建築条件付き」の土地を甘く見ない方が良いですよ。

②関西であればこちらのHPを見て頂ければ、「本物の高断熱の家」を建てていますので、当然ですが「吹き抜け」は弱点になるどころか、1階と2階との「温度差の解消」の役に立ちますから、参考にしてください。
http://www.shinjukyo-kansai.com/


「補足」「返信」があれば「追記」が可能です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

rri********さん

2019/9/1917:44:51

関西住宅販売は知りませんが、先ずはUA値(外皮平均貫流率)やC値(隙間面積率)などを再度確認して、その上で提案依頼する事です。
新築見学会等で体感するのも良いが、具体的な提案説明を受けると自由度がなく間取りや窓の種類まで制限されるかもしれません。
パンフレットに記載された性能が、貴方の望む住宅になるかをプランニングしてみる事です。
なお、我が家は吹き抜けにしていません。
吹き抜けのメリットとして、開放感「空間を広く感じさせる」、家族の気配を感じられる、2階部分から差し込む光「日中の明るさの確保」などが一般的ですが、「くつろぐ」と言う意味合いで間取りを考えて吹き抜けをやめました。
高い天井は開放感がありますが、高すぎる天井は落ち着かないものです。
体育館のような空間に住むことを想像すると、落ち着けない感覚が分かると思います。
吹き抜けのデメリットとして、音・匂い・埃を2階と共有する事、特に物音に敏感な人は睡眠が必要な時間帯に寝つけない、2階部分に相当する窓ガラスや照明の掃除が難しくなる、空調効率が悪く光熱費が上がるなど…、特に2階全体に調理の匂いや音が伝わるのは好みません。
子供が育った後や老後の生活までを考慮して判断する必要があります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる