ここから本文です

プロレスの「NOAH」という団体が好きな人に聞きたいのですが、 2014年7月5日の...

アバター

ID非公開さん

2019/9/1918:39:52

プロレスの「NOAH」という団体が好きな人に聞きたいのですが、

2014年7月5日の「永田裕志・丸藤正道」の試合は、永田が負けてあげたのですか?

動画を見たのですが、その感想のほとんどが「ブック」だと・・・
何の意味かわからなかったので、調べたら「台本」・・・つまり、最初からシナリオ結果が決まっているということらしいです。

確かに、試合を見ましたが完全にパワーが違うので、テクニックで上手く丸め込んだならまだしも、最後のエメラルドも永田が「くらってやった」感が否めないですね。

でも、最近・・・?最近だったか忘れましたが・・・丸藤が新日のG1出ていたような?
その時に見た感じは、逆水平のチョップも力強かったし体付きもヘビーみたいに大きく感じたし、昔しか知らなかったので「変わったなぁ」とは思ったのですが・・・2014年・・・
G1に出た時は2016年?

そんなに違わないか・・・なんでG1の時は大きく感じたんだろう?

それに、2014年の永田も全盛期じゃないよな・・・
なんだったんだろう?最近プロレス見てないから選手の強さがどういう感じになっているのかサッパリわからなかったけど、動画を見た感じはやっぱり永田の方が格が違って見えましたね。

どう思いました?

閲覧数:
49
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gao********さん

2019/9/2022:25:38

プロレスは興行です。
幻想をもっちゃいけません。
もし永田が「喰らってやった感が否めない」のであれば、それははっきりいって永田がへたくそなんですよ。
負けブックならうまく負けるべきなんすよね。
それがそうは見えず、やらせだよなっていう風に見えるように負けたら、はっきり言えば永田がプロレスラーとしての素質は限界でしょうね。
プロレスってブックはあるけど無いように見せる競技なんですよ。
それをそう見せられないってことは、そもそも素質が無いんですよ。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる