ここから本文です

6畳ほどの部屋で爬虫類を飼っています。

sek********さん

2019/9/1922:42:29

6畳ほどの部屋で爬虫類を飼っています。

フトアゴとレオパと蛇です。
日中は約30度、夜は27度程に常に保っています。
マンションからアパートに去年越してきたのですが、その部屋だけカビが大量に発生して困っていました。

そして次はタバコシバンムシと思われる小さな虫が大量発生しています。最初は餌のデュビアだと思っていたのですが、飛び回るし、見た目もタバコシバンムシによく似ています。

一網打尽にするには爬虫類を移動させ殺虫剤を撒くしか方法はないですよね…

ただ、違う部屋でも同じ家だと爬虫類が心配です。

殺虫剤でも、爬虫類に影響しない方法はありますでしょうか?(置き餌タイプなどですかね...)
それかスプレータイプで爬虫類を違う部屋に移動させて部屋を空っぽにして見えるところから殺していく…

何かいい案はありませんでしょうか、回答よろしくお願い致します。

タバコシバンムシ,爬虫類,殺虫剤,フトアゴ,一網打尽,ジンサンシバンムシ,デュビア

閲覧数:
30
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

des********さん

2019/9/2415:49:00

写真は「ジンサンシバンムシ」のように見受けられます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%B3%...

どちらもほとんどすべての保管食品類を餌にしますので、殺虫剤よりも発生源を突き止めてそれを廃棄することが先決です。デュビアはトカゲたちの餌に飼育されていると思いますが、その溜まっている死骸やデュビアの餌で発生しているのではないかと想像します。
シバンムシはありとあらゆる動・植物質の乾燥食品を餌にし、タバコシバンムシがタバコの葉の害虫であるのに対し、ジンサンシバンムシは人参 (乾燥ニンジンなど生薬の原料) を激しく食害することで名付けられています。デュビアの餌はニンジンなどの野菜も適するようですがそういったものの保管はありませんか?
その他に油かす・肥料や栄養土・漢方薬・種子・植物や昆虫の標本などで大量発生例があります。ご質問者様宅での発生源を探して廃棄、保管してあった場所の徹底清掃を行って下さい。燻煙などの殺虫処理はその補助的に行う手段であり、廃棄によっていなくなるなら行う必要はありません。
尚、シバンムシ用の置き餌タイプの殺虫剤は存在しません。また、スプレータイプで見えるところから殺しても、爬虫類を避難させて部屋全体を殺虫しても、発生源がある限り発生は止まりません。

質問した人からのコメント

2019/9/24 16:49:56

先日、部屋を一掃しました。
回答者様の仰る通り発生源はデュビアのケージと思われます。
1日かけてデュビアのみを新しいケージに移し替え、床材、食べ残した餌、死骸、ケージ全て廃棄しました。
口を閉じていなかったウサギの餌の大袋も怪しそうなので廃棄することにします。
これでこれ以上の発生がないことを願います。
大変勉強になりました、ご回答ありがとうございます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる