ID非公開

2019/9/23 0:43

11回答

さゆふらっとまうんど(平塚正幸)はいつから日本会議の主張を完コピするまでに落ちぶれたのですか?

さゆふらっとまうんど(平塚正幸)はいつから日本会議の主張を完コピするまでに落ちぶれたのですか?

6人が共感しています

ベストアンサー

16

ID非公開

2019/9/23 22:35

質問者さんが 平塚正幸の どの動画を見て 日本会議 と思ったのかわかりかねますが あの人は元々 人が思っているほど 見識のある人間じゃなく ただの薄っぺらな人間ですよ。 行動力に騙されているだけです(行動力なら暴漢でもテロリストでもありますので行動力=善ではありません) 幕末の人斬り以蔵こと 岡田以蔵知っています? 武市半平太に入門して 天誅事件で人間を斬ります。 かと思えば 坂本龍馬の依頼で勝海舟の護衛をして勝海舟の命を狙った人間を斬ります。 司馬遼太郎の言葉を借りるなら 半平太も龍馬も以蔵からみれば「えらいひと」だから彼らの言うことに間違いはない。 昨日は攘夷のために人を斬り、今日は開国のために人を斬る 狂人としか思えない。 さゆふらっとまうんど(平塚正幸)の行動も同じです。 岡田以蔵と違うのは 以蔵は自分は政治的な思考が出来ない自覚があるので他人に思考を預けていた 平塚正幸は 自分が政治的な見識があると勝手に妄想して慢心している 過去の言動と矛盾したことをしても気が付いていない それだけですよ。 また慢心を助長しているのが、N国党の立花孝志氏の支持者と思われる人間が平塚の動画を見て平塚の人間を知らずに立花の忠実な子分と思い込んで全てを肯定的にみることですね。 元々 立花氏支持なんてNHKが憎いから 坊主憎けりゃ袈裟まで憎いで他の民放もNHK職員も民放の職員も憎んでいるだけです。 そんな人の賛美に酔いしれて自分が何をしているかわかってないんですよ。 旧オウム真理教の教団内で麻原彰晃を賛美してマスコミを非難すれば周囲は賞賛の嵐。それと同じです。 (なぜオウム真理教を例に出したかは後述) ちょっとここで私事になりますが 私は平塚正幸とたいして年齢は変わりません。 まだ選挙権がない年齢の時の話ですが、私はひき逃げ事件の被害者になり、心身ともに学校に行ける状態ではなくなり 1か月以上学校を休んでいた時期があります。 同級生が学校にいる時間帯にはテレビでワイドショーをずっと見ていました。 その年の3月に地下鉄サリン事件が起こり、テレビはオウム真理教一色ですね。 この時に、麻原彰晃に洗脳されているオウム真理教出家信者と 脱会を勧める父親との電話の録音テープなどが放送されるわけですよ。 (まだサリン事件が起こる前のオウムの悪行が世間に決定的に認知されていない時期の録音テープ) 家族は オウム真理教がどんなに反社会的かを説明して マスコミの報道を教えて脱会を勧める。 信者は、「お父さんはマスコミの報道に惑わされているだけ」「お父さんは何もわかっていない。僕はいろいろな物事が見えている。それはオウムの中に入らないとわからない」 しまいには 信者は父親を見下して軽蔑する態度を取ります。 周囲にはやはりオウム信者がいて「そうだそうだ」そして父親を寄ってたかって馬鹿呼ばわり。 あれぇ? 似たような動画がありますね。 これです。 https://www.youtube.com/watch?v=eAnVlD8A9wo オウム真理教信者=平塚正幸 電話をかけて来た人=脱会を勧める父親 罵倒する信者=コメントする人 そっくりじゃないですか。 ※※※ ここで断ってきますが 私はN国党と立花孝志氏については、中立に書くように努めており N国党をオウム真理教と同様に扱ったり 立花氏を麻原彰晃と同様に扱う気はありません。 ただ、平塚正幸についてマインドコントロールされると第三者から見て醜態そのものでも、本人たちは気が付かない好例として挙げただけです 付け加えるなら 平塚正幸はアンチとして立花氏を攻撃しているときはこの電話をかけている人とほとんど同じことを言っているのですが忘れたのかな? ※※※ ちなみに こちらの対談動画(会話内容などどうでもいい)と上の動画を比べたら 今の平塚正幸がどんなに傲慢になり堕落したかよくわかりますよ。 https://www.youtube.com/watch?v=Jo9zsTN56qk 今現在など 目つきからして 俺SUGEEE と言う慢心と狂気が見て取れますからね。 それでね、今 TBSの職員と NHK千葉放送局の職員に絡んでいますよね? TBSはともかく NHK千葉放送局の職員を攻撃しているのは理不尽そのものですよ、 公共放送の職員であろうと、町工場の職員だろうと 「個人(しかも公人ではない)」の自由や権利は平等に扱われないといけない。 公共放送の職員だからプライバシーを垂れ流しにしていいって問題じゃないですよ。 日本国憲法第十三条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。 放送法の見解の議論は誰でもできます。誰でも権利があります。公共放送の職員の特権でもないのに 職員のプライバシーだけを一方的に晒すして尊重されなくてもいいなんて理屈が成立するはずもないからね。 なぜなら 匿名で議論するしないは 公共の福祉に影響しないからです。 今の平塚正幸には 相手を「個人として尊重」するなんて意志は微塵もありません。冷静な人間から見ればやっていることは「クズ」そのものです。 この「個人」を尊重しない平塚正幸の論理がそのまま自民党憲法改正草案になっているわけです。 あいつは 日本会議主導で作ったと言われる自民党憲法改正草案で何を書かれているのか知らないのか? 自民党憲法改正草案第十三条 すべて国民は、人として尊重される。 生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、 公益及び公の秩序に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大限に尊重されなければならない。 「個人」→「人」に表現が替えられています。その意図がわかりますか? 自民党流「美しい日本」(美しい日本の憲法)というのは、美しい「人」によって構成される国家を目指しています。 これが自民党憲法改正草案の13条が「個人」から「人」の尊重に変えている意図です。 この美しい「人」というのは、常に「自由及び権利には責任及び義務が伴うことを自覚し、常に公益や公の秩序にに反してはならない」ことを考えている人です。 「公益や公の秩序」というのは世間でいう道徳などではなく、政府が言うところの「公益、公の秩序」というのがポイントです。 なので、憲法改正草案が規定する美しい「人」とは、政府の言うことにに異論、反論を唱えない人々を想定しています。そうでない者は、尊重に値しない「人」にしていしまう構造になっています。 政府の見解に対して、様々な運動を展開している者は、当然尊重に値しない「人」なんです。 そのような者たちが社会的な騒ぎを起こしたならば、抑圧の対象以外のなにものでもなく、緊急事態の対象になっても仕方がないということになりますね。 平塚正幸の論理はこのようなものを正当化するモノになります。 ・立憲主義ってのは 国民の自由や権利を守り義務を極力減らすもの 国家の不当な権力から国民を守る 国家を縛るのが憲法 ・全体主義ってのは 国民の自由や権利を制限して義務を増やすもの 国家権力の都合のために国民を縛るのが憲法 本人が自覚があるかどうかは知らないけど、個人の自由、権利を制限することを是とする全体主義者が大喜びしそうな話を動画で堂々と垂れ流していますね。 全体主義ってのは 言い替えれば 「支配者層が大衆を奴隷化するうえで都合がよい国家作り、社会設計を目指す」 さゆふらっとまうんど(平塚正幸)が今まで批判していた内容そのものを、NHK職員に対してやれと言っているわけです。 この一件を見たときに さゆふらっとまうんど(平塚正幸)ってのは、確固たる理念もなく その場の気分で感情的に喚いているだけだなぁ と思いましたね。 理念がないと岡田以蔵のように狂人としか思えない行動も取るんですね。

16人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

さゆふらっとまうんど(平塚)ってやつがどんな人間がよくわかりました。 回答ありがとうございました。 ちなみに 私が日本会議と言ったのは 歴史修正主義者に同意する言動をしていたからです。 太平洋戦争当時の人たちの生きざまにはいろいろ意見はあるでしょうけれど それはそれ 死人に口なし 今は 彼らは憲法から人権を制限する目的の日本会議に利用されていますね。

お礼日時:2019/9/30 0:16