ここから本文です

なぜ日本の古墳は大和朝廷の統治が及ばなかった南九州や東北地方にもあるのですか...

ハリス直さん

2019/9/2319:18:42

なぜ日本の古墳は大和朝廷の統治が及ばなかった南九州や東北地方にもあるのですか?そこには隼人や熊襲、蝦夷などの異民族がいて、大和朝廷と敵対していました。

閲覧数:
63
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2019/9/2521:24:26

古墳が大和朝廷の支配地域を表してるとは思いません。当時の日本は密林だらけで平地が少なく、乗馬用の馬もなく、長距離移動は船に限られていました。内陸の奈良に首都を置いていた畿内がどうやって九州北部から関東までの広い範囲を単独で統治出来たのか疑問ですね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fxc********さん

2019/9/2413:00:39

敵対していても、同じ文化を共有していたから。戦国時代は、日本列島に各地方の勢力が互いに戦争していたが、異文化だったわけではない。

ail********さん

2019/9/2408:38:21

地方豪族の墓は地方にあります。
何が疑問なのでしょうか?

cor********さん

2019/9/2322:20:42

古墳時代、3世紀の中頃から7世紀の初めまでの約350年間に、北海道、北東北と南西諸島を除く日本列島において、5,200基の前方後円墳が作られました。
巨大前方後円墳は畿内に集中しており、それらはヤマト政権の大王墓であると考えられています。
各地にある大型前方後円墳はその地の首長墓であると考えられており、その規模はヤマト政権内の位置づけに比例していると考えられています。
8世紀に完成した日本書紀には隼人や熊襲、蝦夷などの異民族を征服する話が出てきますが、古墳時代にはすでに南九州や南東北はヤマト政権と共通の墓制を持っていました。
日本書紀は天武天皇の命で編纂された最初の歴史書で、新たに誕生した天皇を中心とする日本が周辺の異民族を征服してその領土を拡大していくストーリーになっています。熊襲や蝦夷は日本書紀のなかで敵対する異民族としてそのストーリーに組み込まれたと考えられています。
北東北には古墳はなく、ヤマト政権の勢力は届いていなかったため、律令国家が成立してから本格的に東北経営を始めました。ご承知の通り、平安時代の初めにようやく征夷大将軍の坂上田村麻呂が蝦夷を平定しました。

yamletitbeさん

編集あり2019/9/2411:05:16

古墳は、北九州にはあったと思います。宮崎の西都原古墳群よりも南は、私もよく知りません。南には、下記の影響が残っていて、あまりないのかも知れないのかなあ、と言う気がしています。
東北地方の古墳は、あまり聞いた事がありません。

縄文時代中期?に、隼人族は、あの 鬼界カルデラの 破滅的大噴火 (レベル6です、最大は7ですが) による 超特大の火砕流が発生し、海上を 超高速で走り、鹿児島から 熊本 宮崎 の南部を襲い、人間を含めた 全ての 動植物 を 消滅&焼き尽くされてしまっています。
その噴火による火山灰は、東北地方でも確認されています。

隼人族 熊襲 の力は、あったとしても、限定的ではないかと、私は想像しますが。。
どうなんでしょうね。。

z_x********さん

2019/9/2319:29:34

異民族というほどは異なってないし、対立したもののライバル関係というほどでもないし、なんとなく作ってみたという可能性も結構あります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる