ここから本文です

「ミネルヴァの梟は、夕暮れどきに飛び立つ」という非常に有名なヘーゲルの哲学観...

青天の霹靂さん

2019/9/2916:39:13

「ミネルヴァの梟は、夕暮れどきに飛び立つ」という非常に有名なヘーゲルの哲学観はどういった思想背景によるものですか?
そこがどうにもよく理解できません。

閲覧数:
80
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2019/9/2920:40:29

個々の具体的な事実を、言語により特定するだけでも、
簡単でありません。

科学技術の事実を、
数式や実験や工場生産の再現により、伝えることができても、
言語で伝えたことには、なりません。

言語と論理法則により、表現できなければ、
数学や実験や工場生産を知らない他人に、
事実を伝えることが出来ないだけでなく、
哲学に表現することも、不能です。

科学技術が、生活の基盤を作リ、
科学技術がなければ、生きて行けない時代になれば、
哲学は御用済みになります。

そして、科学技術が時代を画して、一新される頃に、
ようやく、哲学の言語と論理法則により、
古い時代の事実の規則性を、
多くの人に伝えることができるようになります。
ヘーゲルは、それを言いたかったのでしょう。

遺伝子やコンピュータや原爆などにより、
時代が変わる以前の、ロマンティックな時代を、
夕暮れどころか一夜明けても、
現代の哲学者は、理解することができません。

哲学が完全に廃れて、すでに廃墟しか残っていない、
という証拠です。
ロマン主義の成れの果てが、コミュニズムやファシズムや
世界大戦やホロコーストであったことを、
ヘーゲルは知りません。
カントやヘーゲルやマルクスやヒトラーやスターリンなどが、
元凶でした。

個々の具体的な事実を、言語により特定するだけでも、
簡単でありません。
 
科学技術の事実を、...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる