ここから本文です

沖縄本土の沖縄そばと、宮古島の宮古そば

yam********さん

2019/10/517:06:33

沖縄本土の沖縄そばと、宮古島の宮古そば

具が底にある以外の違い、特に味の違いはなんですか?

閲覧数:
14
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

new********さん

2019/10/1102:10:52

麺の形が違いますよ。麺は細く縮れのない平麺で、スープがあっさりしているのが特徴。他の地域と同様に、油処理した茹で置きの麺が用いられる。

具材は沖縄本島のそばと同様に、三枚肉(あるいは赤身の真肉)とかまぼこが標準である。かまぼこは宮古島特有の薄く波打った形状のものが使用される。 伝統的な盛り付けでは具材を麺の下に隠し、刻みネギだけの「かけそば」のように見せるのが特徴です。肉とかまぼこは麺の間に挟まれる場合と、丼の底に敷かれる場合があり、丼の中心部に麺をうず高く盛り上げることも多い。 このようにする理由としては、具を温めるためとか、盛り付け済みのそばの上にサービスで麺を足したのが始まりとか、「具も載せられないくらいに貧しい」という風に見せることで、近所の目や年貢の取り立てに対抗しようとしたとか、具の大きさや量で喧嘩しないよう麺で隠したとか諸説あり、真相は不明である。ただ、近年では他の地方のそばのように上に置かれることも多く、ソーキそばやてびちそばなど島外から伝わったメニューの場合は具材が麺の下に置かれることはない。 店によってはカレー粉がテーブルに置かれており、好みによって振りかけて食べることがある。

「宮古そば」の定義
1.沖縄県宮古島にて製造されたもの
2.原料小麦粉 タンパク質11.0%±0.5%灰分0.42%以下
3.加水量 小麦粉重量に対し34%以上~36%以下
4.かんすい ボーメ2度~4度[3]
5.食塩(国産) ボーメ5度~10度
6.熟成時間 30分以内
7.めん線 めんの厚さ1.5~1.7ミリ切歯番手薄刃10番~12番を基本とする。
8.ゆで水のPH 8〜9
9.ゆで時間 約2分以内で十分可食状態であること
10.仕上げに油処理が施されていること

麺の形が違いますよ。麺は細く縮れのない平麺で、スープがあっさりしているのが特徴。他の地域と同様に、油処理した茹で置...

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

bla********さん

2019/10/914:14:38

基本的な味付けは同じですよ。牛肉だって産地の名前付けて差を図ってますが劇的な違いは無いのと同じですし、野菜だって京都で取れたら京野菜って言うのと同じようなものです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる