ここから本文です

投票受付終了まであと5日 ベストアンサーにふさわしい回答に投票してください

投票すると知恵コイン5枚プラスされます。

現在妊娠13週の妊婦です。 もともと脈拍が90ほどあり脈が早めであり、循環器受診...

ush********さん

2019/10/805:55:24

現在妊娠13週の妊婦です。
もともと脈拍が90ほどあり脈が早めであり、循環器受診を考えていたところ妊娠発覚しました。特に1週間前から動悸、息切れ出てきて脈拍も130ほどで過ごすことが多くなり循環器科を受診したと

ころ甲状腺機能亢進症と判断され、甲状腺を専門としている内科に紹介され、エコー検査の結果バセドウ病や亜急性甲状腺炎は否定されました。
妊娠初期で絨毛性ゴナドトロピンが多く分泌されているせいでだんだん落ち着いてくると思うので様子見るように話がありました。
しかしあまりにも頻脈が辛いと話したところインデラル10mgを1日3回処方され症状が落ち着いていれば朝夕でもいいと説明を受けました。
家に帰り調べたところ文献には胎児発育不全や呼吸抑制など書かれており心配になり投稿しました。
妊娠中飲まれてた方や詳しい情報お持ちの方がいればぜひアドバイスをお願いいたします。

補足今回3人目の妊娠です。2人目の時も少し脈が早くなっていましたが、今ほど辛くなかったので特に病院で話すこともなく過ごしました。絨毛性ゴナドトロピンが多く分泌されるとつわりもひどくなると聞きました。今回が一番つわりも辛く感じています。

閲覧数:
42
回答数:
1

違反報告

回答

1〜1件/1件中

ich********さん

2019/10/1422:56:03

心配なら、お薬をやめたほうが良いと思います。

ほとんどの薬は、妊娠中に飲んでも問題ないみたいです。が、絶対に大丈夫という研究データがないから、投与の注意となります。

インデラルという薬を調べたら、妊婦に禁忌の薬ではないという結果でした。


ーーー以下引用ーーー
妊婦、産婦、授乳婦等への投与
妊娠中の投与により新生児の発育遅延、血糖値低下、呼吸抑制が認められたとの報告があり、また、動物実験で胎仔に対して、母体より長時間β遮断作用を示すことが報告されているので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、緊急やむを得ない場合以外は投与しないことが望ましい。
母乳中へ移行することが報告されているので、投与中は授乳を避けさせること。

ーーー引用終わりーーー

緊急やむを得ない場合以外は投与しないことが望ましい
んです。

どうしても、頻脈が問題になるなら飲まざるを得ないけれど、
そうではなくて、我慢?が可能なら、飲まないことに越したことはないと思います。

副作用というものは、必ず出るとも限りませんし、回答者様の中には妊娠中に服用して大丈夫だった人もいるかも知れませんが、だからと言って質問者様が大丈夫かどうか?なんて、事後にしか分かりませんよね。

そんなことは、質問者様もご存知のことかも知れないのに、長々と書いてしまいすみません。

医師の見立てでは、症状は段々と落ち着いてくるとのこと。それならば、短期間だけ飲むと決めて、飲んでいくのでも良いかも知れないですね。

2人のお子さんを育てながらの妊婦生活。大変だと思います。

妊娠中、無理なく過ごせると良いですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる