ここから本文です

つみたてNISAと通常のNISAについて質問です。 現在つみたてNISAをしていますが...

kik********さん

2019/10/918:35:06

つみたてNISAと通常のNISAについて質問です。

現在つみたてNISAをしていますが、通常のNISAは5年で最大600万円まで投資でき、その利益に対しては非課税になると理解しています。

つみたてNISAでは5年で最大200万円までの投資となるため、通常のNISAに切り替えて2020年から5年間投資(積み立てでします)して特定口座に移管か売却し、その後2025年から再度つみたてNISAに戻せないかと考えています。

そこで
1.通常のNISAに切り替えている5年の間は、つみたてNISAで現在投資している銘柄や保有数量を維持しておき、再開後引き続き投資を行っていくことは可能でしょうか?またその間の損益は動かないという理解でいいのでしょうか?
2.1が可能であれば、特定口座でも積み立て投資をしています。それは今まで通り続けることは可能でしょうか?
3.切り替えを行うのか、このままつみたてNISAで運用を続けるのか、どちらのほうがよいのでしょうか?投資に関するパンフレットやネットの情報にもいろいろ書かれていて、判断に迷います。

以上、よろしくお願いします。

閲覧数:
229
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

sy_********さん

2019/10/920:57:02

1.
AファンドでつみたてNISAを2018年から始めて今年2019年まで続ける。2020年からの5年間は一般NISAを利用してBファンドを購入、2025年からつみたてNISAに戻してAファンドを積み立てるといことでしょうか。

もしそうなら、2018~2019年のAファンドの保有口数は維持されますが、保有している間の損益は変化します。当然売却すれば損益は確定します。

2020年から再びAファンドを積み立て再開は可能ですが、見かけ上保有口数や損益は2018~2019年分と統合されますが、厳密には一般NISAもつみたてNISAも、1年毎に保有口数、平均取得価格、損益が管理されます。つまり、売却は全口数か1年分単位で行うことになります。

2.
特定口座(課税口座)、一般NISA口座、つみたてNISA口座は全く別物ですから、同じファンドを購入したとしても統合されません。

3.
あくまでも個人的な考えですが、インデックスファンドの積み立てに特化するならつみたてNISAを続けたほうがいいと思います。もし、現物株やETFも買いたいなら、一般NISAを選ぶしかありません。

以上、回答になっているかどうかわかりませんが、参考にしてもらえれば幸いです。

質問した人からのコメント

2019/10/12 11:38:24

お二方とも、ありがとうございました。一番最初に回答をくださった方をベストアンサーにさせていただきます。

3については株やETFももう少し勉強して考えてみます。今のところは一般NISAに切り替えようと思っています。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

oko********さん

2019/10/923:02:29

1、2019年つみたてNISA買付分40万円まで→20年そのまま置いてOK。
2020年NISA買付分120万円まで→2024年までそのまま置いてOK
2021年NISA買付分120万円まで→2025年までそのまま置いてOK
2022年NISA買付分120万円まで→2026年までそのまま置いてOK
2023年NISA買付分120万円まで→2027年までそのまま置いてOK

NISA制度は今のところ2023年までということです。

2024年分からはつみたてNISAを活用されてください。
積み立てをしない場合でも損益は日々動いています。

2、可能です

3、ご自分でよく考えて決めてください。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる